2017年3月17日 (金)

『ルポ トランプ王国』を読む

1

 
 12日の毎日新聞の書評欄で伊東光晴さんが評されていた、岩波新書の『ルポ トランプ王国:もう一つのアメリカへ行く』。書評掲載前に既に読み始めていて、まもなく読了というところだった。評者の伊東氏が「異常な政治行動のトランプを大統領におしあげたアメリカ社会の変化を見事にえぐった、すばらし新書」と書かれているとおり、とても良いルポで多くの方に薦めたい。
 
 ポピュリズムは従来のさまざまな政治・行政形態への不満が爆発した結果に起きる。アメリカでは従来形の政治に関わってきた人々を「エスタブリッシュメント」と呼び、クリントン元大統領候補を筆頭に、今回の選挙では批判の的となった。批判されるからには理由があり、その理由に至る背景があるはずだ。今回、著者の金成氏は、その批判の渦が濃いアメリカの「田舎」を歩き回り、多くの「普通の人々」へのインタビューを繰り返している。その成果が見事にまとまり、トランプ大統領誕生の背景にある、今のアメリカの現実を浮かび上がらせている。
 
 私たち外国人にとって、アメリカで真っ先にイメージするものは、ワシントンであったりニューヨークであったりロサンゼルスであったり、確かに都心のイメージが大きい。だが、本書に登場する人々は口々に、「私たちの地域こそ真のアメリカだ」と言う。これは、関東関西を中心に回っている日本社会における、北海道の片隅に生きる私達と同じ声だと言える。まさにアメリカでは、こうした「置き去りにされた」人々の声がうねりとなって、今回のトランプ大統領誕生へと結びついている。
 
 もちろん、著者もトランプ大統領の言動や政策(政策があるのか?)を正常だとは考えていない。なぜ、こうした大統領が誕生したのか、そこへ至る過程と、今のアメリカの現状から見えてくる日本など世界各地の今後へ向けた警鐘を発していると言える。
 
 それと、大統領選挙におけるトランプ大統領の姿勢、姿に対して、著者が現場で感じた率直な評価をしている点に好感が持てる。それは良い評価もあるし悪い評価もある。記者が現場で感じた生の思いが綴られていて、本当の意味での「ルポ」だなと思った。こういうルポは臨場感もあり、読んでいて心地よい。金成氏は私より若い1976年生まれの朝日新聞記者だが、さすがプロの新聞記者の技術と情熱だなあと実感した。
 
 
 惜しいのは、トランプ大統領を支持するアメリカの人々が思い描く「かつての重工業や炭鉱が反映したアメリカ」がもう戻ってくることは無い、と指摘しつつも、ではそこに暮らす彼らやその社会は、今後どのような方向へ進むべきか?の道筋が描かれていない点だ。無論、本書の主題はそこには無いので、それを求めるのは無理なのだろうが、疲弊するアメリカの地方社会を見ていると、どうしても北海道など日本の地方の疲弊ぶりが重なってみえ、「では、どうしたら良いのだ」という思いに駆られてしまう。それを考えていくのは、今、その疲弊した地方社会に生きている私たち自信の責任だとわかってはいるのだが。
 
 ちなみに、著者の金成氏、苗字のヨミは「かなり」と読むのだそうだ。なんとなく「きんなり」とか「かねなり」と読むのだと思っていた。漢字を逆さにすると成金で、なんだかトランプ大統領のイメージに通じるものがあるなと、本当に失礼な事を考えてしまった。申し訳ありません。
 
 トランプ大統領や、アメリカの今に関心のある方はぜひご一読を。
 
 岩波新書のページ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)