釧路

2017年9月29日 (金)

病院帰りに郵便局巡り

Photo
郵便局とは徒歩か自転車か汽車か路線バスで行くものである。
日常生活で行くときではない。日頃行かない郵便局を訪ねていく時はそうするべきである。
安易に自家用車なんぞで行ってはならない。
 
と小学生以来勝手に決めていたのだが、最近は路線バス網が少なくなって、十勝や釧路の郵便局を訪ねるときは車で行くことが増えてきた。特に、釧路の路線バスの一日乗車券は土日しか使えないので、窓口で郵便貯金が出来ないのが困る。
 
珍しく、ちょっとひどい風邪をひいて治りが悪いので病院へ行き、帰り道にせっかくなので郵便局を6局巡ってきた。
Photo_2
釧路桜ヶ岡五郵便局。
「五郵便局」をほんとうに「ごゆうびんきょく」と地元の人が呼んでいるのだろうか?呼びづらくないか?気になって局員さんに聞きたかったが、忙しそうなのでやめた。局内でインドの写真展が開催されていてびっくりした。
 
 
Photo_3
釧路桜ヶ岡郵便局は、生協と消防署に挟まれた脇道にあるのが特徴的。
いつもかなり混んでいて、しかも局員と長話をするお客さんが多いのも特徴。
消防署が隣で赤い車が止まっているので、私はよく郵便局の駐車場と一瞬間違えてしまう。
 
 
Photo_4
釧路白樺台郵便局。白樺台病院と白樺駐在所に挟まれている。
「局の正面右側は調剤薬局の駐車場なので停めないこと、左側に2台分くらいのスペースがありますのでどうぞ」という張り紙があるが、このスペースはどうみても駐車場ではなく歩道のような気が。これも不思議だ。 
 
 
Photo_5
釧路白樺台郵便局の隣にある釧路警察署白樺駐在所。
白樺台の交番が派出所ではなく駐在所なのを初めて知った。 桜ヶ岡は交番だが、白樺台まで来ると駐在所なのが面白い。
そしてなぜか駐在所の名前には「台」が付かないのが不思議だ。
 
 
郵便局を巡ることは町を巡ることだ。
訪ねるたびに、さまざまな発見があって面白い。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

降誕祭とけあらし

3

 降誕祭12月25日の朝の釧路市千代の浦漁港。海面からけあらしが出ている。
 
 
2
1
Photo
 今朝の釧路は冷え込んだ。浦幌では氷点下19.6度を記録したらしい。その分、空気が美しい。
 
 
20161225
 昨晩はカトリック釧路教会で夜半ミサがあった。
 侍者を務めるも、いろいろ手順を間違えてしまい、緊張しっぱなして司祭の話もろくに覚えていない。
「私は高校生のときに初めて侍者をしましたが、最初は間違ってばかりです。当然のことですよ」と終了後に神父さんから言われ、ありがたいのとお恥ずかしいのと。
土曜ダイヤで緑ケ岡行き最終となる、くしろバス12番線は釧路駅20時発で、ちょうど間に合ったので一目散に退散した。
 
 
20161225_2
そして日中のミサも終了。昨夜よりは手順の間違いは少なく済んだ。
終わってから、侍者歴の長い子供信徒に、手順をいろいろ教えてもらう。彼は私の侍者大先輩である。
 
主の御降誕おめでとうございます。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

釧路の銭湯「春の湯」

Photo

 釧路市武佐2丁目の高台にある銭湯「春の湯」。創業100年以上というから、かつては炭鉱の抗員などで賑わったのかもしれない。
 
 
2_2
 脱衣所のロッカーには、なぜか古い道具や模型が置かれていておもしろい。真ん中はカンテラではないか。炭鉱か、あるいはかつて高台の下を通じていた釧路臨港鉄道で用いられていたものだろうか?
 
 この銭湯、待合室では有機栽培のパンとかいろいろなものを売っていたり、かつて甲子園へ出場した武修館高校が持ち帰った「甲子園の土」を展示していたり、なかなか地元密着型で愛され続けているのがわかる銭湯である。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

尺別炭鉱労働組合歌のレコードを入手する

Photo

浦幌炭鉱の兄弟鉱山だった尺別炭鉱の労働組合が、1970年に組合の解散を記念して製作したレコード「さらに高鳴れ炭鉱のうたごえ」。札幌の古書店に出ていたので私費で購入し、18日のレコードコンサートに持ち込み、実際にかけてみた。

 

 

Photo_2

ここには「尺別炭鉱労働組合歌」のほか、三池炭鉱労組で唄われ、後に全国へ広まった「炭掘る仲間」、荒木栄の「がんばろう」など4曲が収録されている。閉山への思いなどが綴られた解説も付いている。地域資料としても面白いが、あくまで尺別の歌なので、これは釧路の博物館へ入れようと思う。

 

 

3

そう言えば最近はメーデーなどでも労働歌を歌う事は滅多に無い。唄っている中央合唱団は確かいまもあり、私もCDを持っているけれども、あれが背景に流れている事はあっても、みんなで唄った記憶は無い(むしろ高卒の頃に参加した集会やデモの時は唄った気がする)。

 

 

2

労働歌、けっこう良い歌が多いのにもったいないなと思うが、せっかく労働組合が新しいイメージを作ろうとしているのに、赤旗と労働歌では流れに水を差すような気もする。著作権の問題が解決されていない歌も多く、そのあたりの事情もあるのかもしれない。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月 1日 (日)

教会・メーデー・献血・路線バスな一日

Photo

ゴールデンウィークが始まるが、博物館は稼ぎ時なので、一般の休日のうちお休みなのは今日5月1日(日)だけである。だが、今日は久々に教会へ行ける。さっそく汽車で釧路へ向かう。

今朝の釧路行き始発2521Dは国鉄色の朱色に塗られたキハ40 1749で、さいさきも良い。日曜日のため、浦幌到着時の乗客なし、浦幌からの乗車も私のみ。

 

Photo_2

昨日のウラホロイチゲ観察会は、晴れはしたものの暴風で寒かった。今日は風もないよく晴れた日で、車窓も穏やか。行事の無い日が良い天気なのは今年度も変わらないらしい。

上厚内の峠を越える築堤から、まだ葉を展開していない樹々を眺めていると、カツラの赤い枝先がよく目立つ。ゆっくり登るし築堤なので視線が高いから、まるで新芽のひとり車窓観察会のようだ。この贅沢なことよ。

 

 

Photo_3

厚内の旧斉藤牧場事務所。文化財級なのに全くなんの指定もされないまま朽ち果てようとしており、いつも悔しい思いをしている。いろいろ難しい問題があるらしく、手を付けないまま年月を経て、どんどん風化が進んでいるのだ。

学芸員としては、これこそなんとかしたい課題である。寝た子を起こす事になりかねないが、今年は所有者に会ってみたいと考えている。

 

 

Photo_4

厚内では二本の列車と交換。
次の直別で1人、音別で3人、白糠で2人、新大楽毛で1人の乗車があって定時釧路着。もうすぐロザリオの祈りが始まる。

 

 

Photo_5

冬の間と違って、春から秋にかけては日曜日に行事や調査が多く入り、教会へは月に一度行けるかどうか。復活祭に入った頃に行って以来の一ヶ月ぶりの教会は、いつの間にか復活祭第6主日、つまり復活典礼の最終のミサになっていた。

端午の節句が近いので、司祭が祝福した飴を子供達に配る。鯉のぼりの袋に入っているのが可愛らしい。カトリック教会は比較的日本の年中行事に寛容だ。

 

 

Photo_6

教会のあとは途中からメーデーに参加する。既に集会は終わったらしく、デモの出発準備が進められていた。

 

 

Photo_7

北大通を釧路駅前までデモに加わる。野党統一候補が話題だった北海道だが、メーデーはまだ連合系と全労連系で別れて開催している。合同しても大した人数にならない昨今、メーデーもはやく合同開催が実現すると良いなと思う。駅前でデモから離脱。

 

 

Photo_8

メーデーのあとは、新しくなったばかりの阿寒バス・くしろバス1日フリー乗車券を使ってみる。600円で乗り放題。以前は日曜日だけだったが、今度から土曜日も使えるようになった。

さあ、午後は釧路の路線バスをとことん乗り回ろう!

まずはイオンの釧路町店へ行って、昼食に餃子でも食べようと、やって来た101番イオン釧路線に乗る。が、連休のお昼時なせいか、ものすごい混んでいて諦める。222番たんちょう線に乗り換え、イオン昭和店の方へ行ってみる。

 

 

Photo_10

イオン昭和店内には、献血ルームがある。十勝はなかなか献血しづらい(常設の献血ルームが無い)。

献血を終えて一休みしていると、初めてらしく真剣に説明を聞いている16歳や、恐る恐るの彼女を連れてやってきたカップルなどの姿が目に入る。若いこういう人達の事を格好いいと言うのだと思う。

 

 

Photo_11

献血ルームのすぐ外ではリコーダーのミニコンサートが開かれていた。なんだか大きいのからずいぶん小さなものまであり、それぞれ個性的な音を出して面白い。

店内には暖かな日差しが差し込み、人々はゆったりと過ごしていて、穏やかな休日という空気が溢れていた。

 

77  

再び路線バスに乗る。今度は77番イオン昭和線。鶴見橋、産業道路を経由していったん釧路駅前へ戻り、18番の千代の浦、望洋住宅まわりの白樺台行きに乗り換える。全く予定を決めておらず、バスの中や降りてから、時刻表頼りに次のバスを決めている。
 

車中で小学生の女の子2人連れが
「春採湖の近くに青い水の池があるんだよ、知ってる?」
と話しているのが聞こえ、気になって仕方が無い。いったいそれはどこだろう?と聞き耳を立てていたが、よく分からないうちに2人とも桜ケ岡通で元気良く降りて行ってしまった。

あとで帰宅してから妻に聞くと、春採湖の近くにトンボ池とかいう小さな池があるらしい。

 

 

Photo_12

終点の白樺台は、予想していた場所とは別のところに着いた。高台から眼下に昔の公営住宅群、さらには桂恋、益浦、興津地区や紫雲台墓地、太平洋炭鉱の施設などが見える。さっきまでいた釧路川流域低地とは全く異なる景観で、釧路という町の広さ、多様さを感じる。

 

 

Photo_13

かつての白樺台バス停は、眼下の旧公営住宅群にあった。これも帰宅してから調べて知ったのだが、住宅群が高台へ移っている実情と路線バス停留所との乖離について、地域から要望があったらしい。これを受けて、昨年10月のダイヤ改正で移設したそうだ。

地域の実情に合わせたこうした細かな対応は、鉄道ではできない路線バスの利点であり、喜ばしい。バスが地域の足として期待されているんだなという事も実感できる。

 

 

Photo_14

このあたりのフェノロジーは、草本は変わらないが木本は西部より遅い。街路樹のナナカマドは新芽が開いてきたが、シラカバはまだ枝先が赤くなってきたばかりのよう。

 

 

Photo_16

この先の昆布森までバス路線があり、有名な難読地名地区を通過するので行ってみたかったが、時間が遅くなってきたので引き返す。共に釧路駅前行である17番バスの白樺線と53番晴海線が同時発車で、少し考えたのち、17番バスの方へ乗る。17番にはさらに系統が3つあるが、土日は「系統2」と呼ばれる桜ヶ岡・コーチャンフォー前・市立病院経由の路線のみが動いている。

2台の後ろには10分後に発車する18番バスも待機しており、白樺台がにわかにバスターミナルっぽい雰囲気を醸し出している。

 

  

Photo_17

同時発車後、しばらくは53番と一緒に走っていたが、白樺ターミナルで53番は左折、こちらは右折し、桜ヶ岡のスカイロードを登ったかと思えば、春採湖畔まで一気に下り、再び市立病院の丘を登るという釧路特有の高低差を堪能する。

 

釧路市立博物館のある市立病院前で17番のバスを降りると、ドクターヘリが病院屋上から飛び立って行くのが見えた。ここで今日のバス乗り歩きは終了する。

 

 

Photo_18

さて、今回釧路市内のバスを乗り歩くのに初めて使ってみた「くしろバス・阿寒バス一日フリー乗車券」だが、課題をひとつあげるとすれば、路線図が無い事である。

実は、くしろバスはポケットサイズの時刻表を無料配付している。写真のとおり、フリー乗車券はこの時刻表にすっぽりと納まるサイズで、これが良い。実際、私は今回、ずっと時刻表に乗車券を挟んでいた。時刻表には全路線の時刻が主要停留所で示されている。

ただ、ここまで立派な時刻表を作っているのに、この中には全く路線図が無いのである。そもそも釧路市内では、バスの路線図というものをまず見ない。私が知る限り、駅前バスターミナルにある大型の掲示板のみで、あとはホームページで見るしかない。

 

これがバスの使いづらいところだ。だいたい、鉄道と違って路線バスの経路というのは、ふだん使っていない人にはよくわからないものである。

せっかく一日乗車券を発売するのならば、使い勝手の良い路線図を併せて配るべきだろう。まずはこの時刻表にきちんと路線図を掲載すべきで、そうすれば時刻表片手にフリー乗車券を使いやすくなる。

 

という意見をくしろバス・阿寒バス双方に今度出そうと思う。

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月28日 (木)

『生れ月の神秘』と『ソヴェートの力』

Photo

 また変な本を買ってしまった。
 『生れ月の神秘』と『ソヴェートの力』。
 釧路の喫茶店内で開催中だった「古い本 古いもの」市に妻と出かけ、ぶらぶらと見ている中での二冊。特に『生れ月の神秘』はなかなか変な本で、著者はなんと山田耕筰。あの大作曲家、山田耕筰である。
 
 「もともと占いとか好きだったみたいですよ」と店員さんが言うとおり、帰宅してから調べてみると、占星術が趣味だったようだ。だが、占星術と言ってもこの本は星占いではなく月占い。誕生月ごとに「性格」「為すべきこと」「短所」「慎むべきこと」「●月生れの子供」の項目があり、各月の扉には御丁寧にその月生まれの著名人の名と職業が並んでいる。
 
〔物質文明の光が洽く満ち溢れてゐる西洋ですら、今なほ迷信が残つてゐるはかりでなく、むしろ物質文明の裏にこそ、却つて迷信の闇もあり、無智な先人ののこした遺風はもとより、新しい科學の生んだ新しい迷信さへもが存在するのです〕
 
 などと、ふーん、というような事も「著者の言葉」に書かれていて、けっこう読ませる本である。私は占いというものを気に掛けていないが、さっそく自分の誕生月にざっと目を通してみると、これがなかなか面白い。どうしようかなーとも思ったが、店員さんの説明も面白くて、どうしても気になり、買ってしまった。
 なお、まったく関係ないが、山田耕筰作品の著作権は、先日2015年12月31日で切れたそうである。
 
 『ソヴェートの力』の方は、元英国教会の司祭だったヒューレット・ジョンソン師の著作で、これは結構有名。なにせ教会の現役牧師が社会主義を解説したりしていたので、当時は「赤い僧正」などと呼ばれていたらしい。救世軍にもスミス少佐という「赤い少佐」と呼ばれた牧師さんがいたが、私も含め、キリスト者には社会主義に心惹かれる人が昔からいたという事か。こちらも購入。
 
 
Photo_2
 今回の「古い本 古いもの」は、釧路市鳥取の国道38号線沿いにある shop & cafe RHYTHNさんで開催。主催は系列のsendさんらしい。そして中でも古書は、釧路駅の表と裏の両方にある豊文堂書店が協力しているとのこと。
 
 本当はもう終わっていたはずなのだが、天候が悪かったせいもあり、期間を一週間延長しているそうだ。と言うことは明後日30日までか。お近くの方はぜひどうぞ。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

豊文堂とラルゴとフリーペーパーGili

Gili_3

 
釧路には豊文堂という古書店がある。
釧路駅裏に本店、北大通りに支店があり、さらに北大通り店には二階にラルゴという喫茶店もある。釧路市立博物館の学芸員はここの常連で、お店の正面には博物館のポスターも貼り出されている。古書店と博物館、何か通じるものを感じるのは私だけではないだろう。
カトリック釧路教会の神父さんがラルゴで写真展を開催中だというので、月曜日に昼食がてら観に行く。
 
 
Gili_1
と、ラルゴで配られているフリーペーパーGiliが目に留まる。
これが実に面白い。今回はうどんの特集。文から絵から1人で書いているそうだ。編集兼発行人の高橋さんがどのような方なのか、非常に気になるところ。
ちなみに誌名のGiliは「ジリ」で、釧路特有の、霧と霧雨が混じったような「海霧」のこと。
 
 
Gili_4
こういう小さな雑誌が好きで、あるとつい手に取ってしまうのだが、Giliはなかなか質が高いと思う。文章も絵の感じも温かい良い雰囲気だし、フリーペーパーらしい軽さもある。いわゆる広告ペーパーではなく、読ませる記事で埋まっているのも良い。
 
 
Gili_2
ラルゴにも豊文堂にも、こうしたフリーペーパーやコンサートやサークルの案内や、もちろん釧路市立博物館のお知らせなんてのも貼ってある。神父さんのように、ここで小さな写真展を開く方もいる。
お店の中全体に、地域の文化の香りが詰まっている感じ。古書店、喫茶店があると、町の文化とそれに関わる人が集まってくるものだ。この日も、妻の知人の研究者や音楽家が店に来ていた。やっぱり古書店のある町は良いなと思う。
 
 
Gili_5
今日は買わないぞと思いつつ、結局、古書も2冊買ってしまった。森まゆみさんの『路地の匂い 町の音』は、出版当初に目にしており、いつか買おうと思いつつ機会を逃していたものだった。富田仁さんの『西洋料理がやってきた』も、存在は知っていたのだが既に絶版で、これも入手の機会を逃していたもの。
古書店は、フラリと訪れる度に偶然の本との出会いがあり、それだけでも楽しいものだと思う。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)