キリスト教

2017年7月30日 (日)

マリア崇敬の持つ意味

1  

今年度に入ってから日曜日も出勤や出張が相次ぎ、日中のミサに出ていない。

帯広と異なり、釧路は夕礼拝や夜ミサのある教会が無いからなーと思っていたら、月に一度、釧路の新川教会が19時からミサと勉強会をしていると聞き、先日出席してきた。小さな集会で、地元の方が数名集まって修道院から神父さんを招き、短い祈りの場を作っていた。黒金町の釧路教会で顔見知りの方も来ていて、なんだか大歓迎をされてしまった。

 

ルターの宗教改革500年という事で、今年は宗教改革関係の本を重点的に読んでいるけれども、これは逆にあらためてカトリック信仰の意味を見直す良い機会と言える。両者の違いで際立つもののひとつに「マリア崇敬」がある。ルターやカルバンも聖母への尊敬は抱いていたものの、カトリックが狂信的にマリア<崇拝>に近い形態をとる事に警戒を抱いており、その後完全にこれを否定している。

 

個人的には、頭で考える信仰から、体で覚える信仰(誤解を恐れずに言えば習慣化した信仰)への転換に、聖母崇敬というのが重要な位置を占めるのではないかと思う。ただ、カトリックの言う「聖人へのとりつぎを願う祈り」というのは、外から見ればどう考えても偶像崇拝にしか見えないというのも事実だろうと思う。かつて札幌農学校のメンバーも「天主教」を厳しく批判した。

 

むかし国立西洋美術館で購入したカルロ・ドルチの「悲しみの聖母」の複製画をなんとなく部屋に飾っていたが、先日ひさしぶりに光明社へ立ち寄った際に小さな聖母像を1体購入した(売れ残って安売りしていた)。キリスト教における聖画や聖像という「かたち」の意味を、この機会に自分でも考える機会にしたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

小さなクリスマスコンサートを訪ねる

2

 

浦幌にはキリスト教会が無い。だが、キリスト者は何名かいる。

町立病院の先生は救世軍人だし、昨年まで博物館の臨時職員だった方は帯広の栄光キリスト教会員である。

その2人が3年前から町内のグループホームで、入居者のための小さなクリスマスコンサートを開催していると言う。「持田さんも来ませんか?」と誘われたので、今日のそのコンサートを覗きに行った。

帯広小隊の4名によるラッパ隊と、町のピアノ教室の先生、町立病院の先生、元博物館員などによる合唱とハンドベル。入居者のお年寄りが疲れてしまうといけないので、わずか40分たらずの小さな小さなクリスマスコンサートであった。

だが、入居者たちが喜んでいるのは、その表情や仕草からはっきりとわかる。ハーモニカの得意な老人がいて、勧められると2曲ほどを得意げに吹いてみせたりした。まわりの入居者からも笑い声が上がり、手拍子をしたり唄を口ずさむ人もいた。

この町での、小さくも大きな信仰の実践を、初めて目にしたように思う。深い感銘と、ちょっとした衝撃を受けた40分であった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

「追悼フィデル・カストロ」な待降節第1主日

20161127

 昨年も全く同じ事を書いているが、これだけ日曜日に教会へ来られずに苦悩している1年のうち、なぜか年間最終主日と待降節第1週はここ数年いつもミサに出席できている。悪いことではないのだが、この仕事の周期というかパターンが見えてくるようで興味深い。
 
 この2日前、フィデル・カストロが亡くなった。いろいろと評価の分かれる人物であるが、少なくとも私には敬愛する人物の一人であった。キリスト者、特にフィデルによる教会破壊などの弾圧を受けたカトリック教会では、フィデル(というよりも共産主義者全体)に対してマイナスの感情を抱いている人も少なくない。その気持ちは理解できるが、一方で実は彼に敬意を抱いているキリスト者も少なくない事を私は知っている。
 
 そもそもフィデルは本当に信仰を捨てていたのだろうか?マルクス・レーニン主義者は一様に頑なな無神論者と思われているが、日本人が「無宗教」などと言いながら深遠な宗教心を内面に宿しているのと同じく、フィデル・カストロ本人の心の奥底には、キリスト者としての意気が終生宿っていたのではないか?という微かな期待のようなものが私にはある。
 アメリカとの国交も回復し、フランシスコ教皇とも対話を果たし、そのフランシスコ教皇が定めた「いつくしみの特別聖年」が明けた待降節第1週。この時期に故人となった事も、フィデルの信仰と無関係ではないのではないかという気がする。
 
 
Photo_3
 
 革命以来、徹底した反米主義を貫くと共に、教育や医療の改革に取り組み、個人崇拝を禁じ、「貧しさを分かち合う社会主義」を掲げたフィデル・カストロにるキューバ社会主義には、不思議と心惹かれるものがある。さまざまな問題を内包しつつも、世界中を席巻する「資本主義」に対置するもうひとつの生き方の形として、大きな存在感を示してきたキューバという国。その建設者、牽引者として、フィデル・カストロの名は歴史に力強く刻まれていく事だろう。
 
 イグナシオ・ラモネによる緻密で長大なフィデル・カストロへのインタビューが、岩波書店から刊行されている。上下巻でそれぞれ2段組という大作だが、革命からキューバ社会の現在に至るまで、フィデルがどのような事を考えていたのかがうかがえる興味深い著作である。実は下巻の一部で読むのを止めてしまっていたのだが、これを機会に再読を試みたいと思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

ミサで思い出した昔聞いたはなし

20161120_2

 カトリック教会の暦「教会歴」は、待降節第1主日に始まり、その前週である「王であるキリスト」と呼ばれる主日で1年を終える。今年は11月20日が年間最終主日であった。
 
 神父様の話。まだ神学生だった頃、東京のカトリック病院の入院病棟で奉仕をされていたときの話だそうである。
 「今日は手強い方が入院されている」と言われて担当した患者は、北海道大学農学部の教授だったと言う。信仰は全く持っていなかった。
 だが、繰り返し世話をしていたある日、次のような事をその教授が話されたと言う。
 その病室からは十字架が見えたのだそうである。寝ていても見えるというから、病室の壁に掛けられていたのかもしれない。カトリックの十字架は、磔刑のイエスの像が付いてる。その十字架を何日も何日も見続けていてふと感じたのだろう。
 
「あの方〔磔刑のキリスト〕は裸ですね。自らを包み隠さず、弱さ辛さをさらけ出している」
「あの方は両手を広げておられますね。まるで何者をも包み込んでくれるような姿をしている」
「この方の前では、何も隠す事はできない。自分の思いを素直に打ち明けてしまえる、委ねることができる。そんな気がしますよ」
 この教授は最後まで無信仰だったようである。だが、信仰の無い教授が、実に信仰の本質を突いた言葉をぽつりと語っている。当時神学生だった神父にとって、その衝撃は大きかったと言う。
 
 似たような話を学生時代に聞いた事がある。酪農学園大学の学園礼拝に来られていたどこかの牧師さんの話だ。
 
 その牧師さんは刑務所の教誨師をされていた。その刑務所に、ケンカっぱやく、とうとう人を殺してしまったある犯罪者がいたが、何度も接するうちに更正され、社会に出ていったと言う。
 ところが、いちど犯罪を犯した人に対して社会は厳しい。なかなか仕事にもつけず、ようやく就けた職場でも、とてもひどい事をさんざん言われ続けたそうである。
 或る日、とうとう絶えかねて口論となり、よっぽどのところで相手を傷つけてしまうところをようやく我慢して逃げ出し、その牧師さんの教会へやって来たと言う。
 顛末を話すその方に牧師さんは「でも〔相手を傷つけず〕今度はよく我慢されましたね」と声をかけた。するとその人は、泣きながらこう答えたと言う。
「また同じ事をしてしまったら、イエスさんに申し訳がない」
 
 私はこの牧師さんの話を聞いて、それまでキリスト教に抱いていた疑念やわだかまりを脱し、「ああ、これが信仰というものなんだな」という事を理解したような気がした。信仰が人を救うということが、実際に世の中では起きているのだなと。
 
 神父さんの話と、それを聞いて思い出した学生時代の牧師さんの話。それらの話を聞いて信仰の本質を理解した気になっているけれども、少しも進歩していない自分の姿に、打ちのめされた気がした教会歴最終主日であった。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

根室キリスト教会の礼拝に出席する

Photo_2

 国後・択捉の植物調査に行っていた妻が帰ってくるため、根室港まで自動車で迎えに行く。船が着くまでの間、ちょうど良い時間だったので、根室キリスト教会の礼拝へ出席させてもらう。
 
 
Photo_4
 市内中心商店街の一角である緑町3丁目に建つ根室キリスト教会は、日本バプテスト同盟のプロテスタント教会である。創立は1886(明治19)年で、今年が130年にあたり、道東のキリスト教会の中で無視できない歴史を誇っている。
 
 当時、アメリカから渡って教会を拓く契機としたのは、宣教師のC.H.カーペンターとその妻であるH.E.ライスである。カーペンターは当初、ミャンマーで宣教に従事していたが、体調を崩してアメリカへ帰国した。帰国中、北海道の地質資源調査をしていたB.S.ライマンの『北海道調査報告書』を読む機会があり、北海道の事を知る。特にアイヌ伝道に心を惹かれ、1886年の来日となった。
 だが、カーペンターは来日後わずか5ヶ月で亡くなってしまう。その後、実際に教会の基礎を築いていったのは、妻のライスである。教会に掲げられていた解説版によれば、「ヤソ(耶蘇)のおばさん」として、根室の人々に親しまれていたらしい。日本人信徒の協力を得ながら、1889(明治22)年に「根室浸礼教会」が設立される。
 
 
Photo_5
 旅先などで教会を訪れると、よく「新来者カード」への記入を求められ、礼拝の終わりに一言挨拶する時間がある。浦幌から来たというと、司会の方のご親戚が浦幌に居られるらしく、偶然ながら面白いなあと思ってしまう。帰ったら探してみよう。
 
 高橋和則牧師に話しを聞くと、130年という事で、記念誌の編纂を計画していると言う。「教会の中の事はわかっても、当時の外の事とかは、いろいろとわからない事もありますから、博物館にも協力をお願いするかもしれません」との事。根室教会は1895(明治28)年の市街地大火に巻き込まれている事から、恐らく当初の資料の大部分は消失しているのであろう。
 
 根室キリスト教会には、カーペンター夫妻の他にも、根室の産業史上の重要人物であり、浸礼教会設立に奔走した小池仁郎や、日本人牧師として教会を牽引した渡部元などがいる。そして彼らを取り巻くさらに多くの信仰共同体に繋がる人々がいるはずであり、そうした軌跡をぜひ記念誌にまとめ後世に引き継いで頂きたいと思う。
 
 
Photo_6
 高橋牧師によれば、現在、名簿上の根室キリスト教会信徒は20名ほどとされる。その規模の小ささに驚かされる。今日の礼拝出席者も10名に満たない。
 
 しかし、実際に礼拝に出てみて感じたのは、この少ない出席者の信仰が非常に熱いという事である。讃美歌を歌う時の、熱情に近い歌声の響きが、特にそれを実感させる。10名に満たない集会とは思えない、信仰の熱気を実感する。
 
 高橋牧師は「歴史ばかり長くて」と笑っていたが、しかし130年の信仰の灯を守り続けているこの小さな小さな共同体の想いと結束は固いと見える。非常に厳しい状況の中で続けられている根室の礼拝が、今後も長く続けられる事を切に祈るものである。
 
<参考文献>
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 4日 (月)

ご復活おめでとう

Photo

 3月31日の夜、浦幌町のELT(外国人英語指導教員)のコレットさんに教えてもらって、風船に毛糸を貼り付けて作ったイースターエッグ。と言っても、なんだかうまく卵形にならなかったが、5人5様のおもしろい形になった。
 
 今年のイースター(復活祭)は、私の所属する西方教会(カトリックやプロテスタント)が3月27日、ユリウス歴を用いる多くの東方教会は5月1日となっている。
 
 ご復活おめでとうございます。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月30日 (月)

待降節第一主日は暇なのか?

Photo

 またしても不信仰な一年が過ぎた・・・ 西方教会各教派のキリスト者は待降節第一主日(今年は11月29日)から一年が始まるとされる。そして11月22日に年末(最終主日)を迎えた。

 
 この最終主日と翌週の待降節第一主日には、昨年もミサに出席した。その前の年もこの日は出ていたと思う。日頃は日曜日になかなか教会へ行けないのに・・・。
 
 という事は、博物館の世界では11月下旬から12月はじめにかけては行事が少ない、あまり仕事してないという事なのだろうか?ちょっとした発見をした気になったが、もちろん偶然なのだと思う。しかも暇だったかと言われるとそんな気もしないし。それにしても不思議だ。
 
 カトリック釧路教会の玄関に、また待降節の装飾が現れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

信徒発見150年

            St150315

 

四旬節第4主日。

ちなみに、あさって17日は、1865年に長崎大浦天主堂で「信徒発見」があってから150年にあたる。禁教下を「カクレキリシタン」として生き抜いて来た日本人信徒が、フランス人神父プチジャンを訪ねてきた日だ。記録によると、幕府から嫌な顔をされつつも派手な教会堂を建てた背景には、プチジャンら外国人神父らも「こうして目立つ教会堂を建てておけば、どこかから信徒がやって来るかも知れない」という期待があったからと言われる。

ほんとに出てきて、心底びっくりしたに違いないが。

下は長崎の「かくれキリシタン」を継承する人々に関する毎日新聞の記事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

主の公現

14

 カトリック教会では元旦は「神の母聖マリア」、1月第一主日は「主の公現」のミサが執り行われる。
 
 
Photo
 カトリック山手教会聖堂。現在の聖堂は1933(昭和8)年、それまでの聖堂が関東大震災で倒壊した事により、新たに建築されたものである。
 
 
Photo_2
 外人墓地に近い場所柄のせいか、主日のミサは9時30分からが英語ミサ、11時30分からが日本語のミサとなっている。日本語のミサへ出席したが、新年第一主日のせいか満席であった。
 
 
1
 横浜における最初のカトリック教会は山手ではなく、1861(文久元)年に海岸沿いの居留地に建設された。現在の山手教会は、1906(明治39)年に現在地へ移転した事によるものである。当初の教会「横浜天主堂」の跡地には碑が建てられている。
 
 
2
 この天主堂のあった場所は、みなとみらい線元町・中華街駅への入口(2番出口)のすぐ脇にあるので、とてもわかりやすい。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月25日 (木)

主の降誕おめでとうございます

1225eve_3

 
 オリエンスの『聖書と典礼』主の降誕である今日の夜半ミサ版の表紙画はエル・グレコの「羊飼いたちの礼拝」。ここは本当に屋内か?洞窟ではないのか?と一瞬目を疑うような暗がりで(よく見ると奥に扉が見えるから確かに屋内なのだが)、しかも羊飼いという割には牛が描き込まれていたりして興味深い。
 
 主の降誕の時刻は明らかではない。それどころか、イエスの誕生日がいつかは聖書にも記述が無く、誰にも本当の事はわからない。それ故、キリスト教では本来的には春の復活祭(イースター)の方が大きな意味を持つ行事なのだが、国民的・世界的に普及しているのは圧倒的にクリスマスである。多くの教会(クリスマスを認めない教会もある)もしくは各自のいる場所で世界中のキリスト者が今夜、主の降誕を祝っているはずである。
 
 主の降誕おめでとうございます。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)