« 帯広百年記念館での博物館講座のお知らせ | トップページ | 晩秋の尺別 »

2017年10月19日 (木)

チュクベツ渡船場の文化財標識の位置と当時の場所

Photo

 
浦幌直別と釧路直別を隔てる直別川は、むかしから釧路と十勝の国境であった。
そのため、特に寛政11年(1800年)に海岸沿いの道路が開通すると、往来する交通量の増加から渡船場が設けられた。
 
その事について触れた文化財標識を浦幌町で建てているのだが、看板がすっかり古くなっている事と、これミスだと思うんだけど文章が少し変なので、修理するにあたり書き直す事にした。
 
 
Img_8089
 
Photo_2
 
国土地理院と陸地測量部の地形図で見る、いまと昔の直別川。流れが大きく変わっていることがわかる。
陸地測量部の地形図は大正9年(1920年)測図のもので、地形図としてはこれが一番古い。既に鉄道も通じているので、江戸時代とはまた違うと思うが、河口部の雰囲気はよく残っている。
 
 
Photo_5
 
現在、文化財標識が建っているのは「現在地」の場所。当時の渡船は、これは推定なのだが、大正9年の地図で橋がかかっている場所あたりと思われる。これは前後の海岸道路の位置から推定した。というのも、この海岸道路、なんと釧路直別側に一部だけ、その痕跡が残っているのである。
 
 
Photo_4
 
これがその跡。中央部を左右に走る盛り上がりがあるが、これがそうだとされている。きちんと発掘調査とかをしてもらった方が良いと思うし、その上で釧路市の史蹟に指定してはと思う。
 
 
チュクベツ渡船については、文化財標識を見た方から「こんな小さな川に渡船を設けたの?」と聞かれる事がある。だが、実際はここではなく、もっと下流なのだ、という事を看板できちんと示したかったので、今回、上記の地図を載せることにした。
 
また、渡船前後の海岸道路と、その現存部分があるのだという事も、この機会に載せることにした。これについては厳密には釧路市音別町側の史蹟になるが、まあ、渡船自体が国境にあるのだから良しとしてもらおう。
 
 

|

« 帯広百年記念館での博物館講座のお知らせ | トップページ | 晩秋の尺別 »

浦幌」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
私も榊原さんに教えてもらって初めて気づきました。
いつか釧路市立博物館で発掘してもらえるよう、今後話し合っていきたいと思っています。

投稿: 持田 誠 | 2017年10月19日 (木) 08時57分

興味深いです。
あの周辺はタンチョウの繁殖地なので何度もウロウロしているのですが、恥ずかしながら気づかなかったです。キナシベツ湿原の海岸線にも行きましたが、道路が走っていたとは知りませんでした。

投稿: 松本文雄 | 2017年10月19日 (木) 07時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/65934550

この記事へのトラックバック一覧です: チュクベツ渡船場の文化財標識の位置と当時の場所:

« 帯広百年記念館での博物館講座のお知らせ | トップページ | 晩秋の尺別 »