« 博物館サイト調査 | トップページ | 病院帰りに郵便局巡り »

2017年9月22日 (金)

岩内町を訪ねる

29_3

 
今年度の北海道博物館協会学芸職員部会の研修会・総会が、岩内町で開催された。私は岩内町を訪れるのは初めてで、本来ならば函館本線で小沢へ出て、ニセコバスに乗り換えて旧岩内線の足跡を辿るべきなのだが、時間の都合もあり、札幌から中央バスの「高速いわない号」で直行してしまった。
 
60名を超える参加者数で大盛況だったが、会場の岩内地方文化センターがまた大きな部屋で驚いた。一括資料の受入に関する、倶知安の矢吹さんの、経験に基づいた貴重講演、木田金次郎美術館の岡部さんによる、非常に率直な現状報告は興味深かった。
 
一括資料の整理で悩む学芸員は、けっこう多いと思う。今回は全体的な話だったが、具体例をもとにじっくりと話し合える場があっても良いと思った。
 
 
Photo
 
 宿舎からみた朝の岩内の街並み。海の対岸に泊原発がみえる。こんなに近いんだなあと驚く。朝、宿舎の周辺からも、原発へ出勤する方々の姿があった。
 
Photo_2
 
来るまで全く知らなかったのだが、岩内町はアスパラガス栽培が日本で初めて行われた町で「日本のアスパラガス発祥の地」という記念碑があると言う。それは見ておかなくてはと、研修会当日の朝、少し早く宿舎を出て見に行った。
 
この場所は「日本アスパラガス」というアスパラガスの缶詰をつくる工場があった場所とのこと。なお、日本アスパラガスという会社は岩内に現存し、いまは場所を変えて創業している。
 
1
 
浄土宗岩内山帰厚院の大仏殿。この大仏は、東京以北で最大の木造大仏像なのだそうで、岩内町有形文化財の第1号に指定されている。アスパラガス発祥の地の後に訪ねると、若い住職が挨拶に出てこられた。
 
2
 
見学に来た子供の描いた大仏様の解説。たしかに天才的なものを感じる。
 
1_2
 
こちらは、翌日の巡検で訪れた岩内町郷土館の「子育て地蔵尊」(背負佛)。これが、カクレキリシタンのマリア観音なのではないか?と言われているそうで、来る前から気になっていた。館長さんの解説によると、背中の梁のつくりが不自然で、十字架に見えるようになっていると言う。たしかに背面はそうなっていた。
 
お話を聞いて驚いたのは、このあたりのマリア観音と思しき仏像はこれだけではなく、ほかにも数体あるらしい。そのうち1体はお寺さんにあり、あとの2体は共和町にあったが、今はどこかに譲られてしまったらしく所在がわからない(調べればわかるのかもしれない)。
なかなか興味深いことで、これは帰ってから文献などを調べてみたいなと思った。
 
2_2
 
そして岩内と言ったら、茅沼炭礦軌道である。正確には泊村だが、幕末から明治にかけて、北海道で最初にレールが敷かれたのが、この茅沼炭礦軌道だと言われている。当初は炭鉱から茅沼港にレールを敷き、牛で炭車を牽引したとされる。
 資料館には、この軌道のレールが保存されていた。
 
1_3
 
木田金次郎美術館。岡部学芸員の話では、駅の跡地につくった美術館という事で、建物は転車台と有蓋車をイメージしてつくられたとのこと。言われてみれば、確かにそんな雰囲気はあるが、言われてみなくてはわからないだろうなあとも思った。
 
ただ、ターンテーブルを模した円形空間は本当の円ではなく多角形をしており、これはターンテーブルを囲む扇型機関庫の引き込み線をイメージしているのに違いない。有蓋車をイメージした屋根のカーブを見上げていると、モデルはワラ1あたりだったのかなあと想像した。
 
 
岩内町。ゆっくりと歩いてみたい町である。今回は研修の出張ということで慌ただしい訪問になってしまったが、ぜひ時間をつくって自由に歩いてみたい土地であった。

|

« 博物館サイト調査 | トップページ | 病院帰りに郵便局巡り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/65827897

この記事へのトラックバック一覧です: 岩内町を訪ねる:

« 博物館サイト調査 | トップページ | 病院帰りに郵便局巡り »