« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

マリア崇敬の持つ意味

1  

今年度に入ってから日曜日も出勤や出張が相次ぎ、日中のミサに出ていない。

帯広と異なり、釧路は夕礼拝や夜ミサのある教会が無いからなーと思っていたら、月に一度、釧路の新川教会が19時からミサと勉強会をしていると聞き、先日出席してきた。小さな集会で、地元の方が数名集まって修道院から神父さんを招き、短い祈りの場を作っていた。黒金町の釧路教会で顔見知りの方も来ていて、なんだか大歓迎をされてしまった。

 

ルターの宗教改革500年という事で、今年は宗教改革関係の本を重点的に読んでいるけれども、これは逆にあらためてカトリック信仰の意味を見直す良い機会と言える。両者の違いで際立つもののひとつに「マリア崇敬」がある。ルターやカルバンも聖母への尊敬は抱いていたものの、カトリックが狂信的にマリア<崇拝>に近い形態をとる事に警戒を抱いており、その後完全にこれを否定している。

 

個人的には、頭で考える信仰から、体で覚える信仰(誤解を恐れずに言えば習慣化した信仰)への転換に、聖母崇敬というのが重要な位置を占めるのではないかと思う。ただ、カトリックの言う「聖人へのとりつぎを願う祈り」というのは、外から見ればどう考えても偶像崇拝にしか見えないというのも事実だろうと思う。かつて札幌農学校のメンバーも「天主教」を厳しく批判した。

 

むかし国立西洋美術館で購入したカルロ・ドルチの「悲しみの聖母」の複製画をなんとなく部屋に飾っていたが、先日ひさしぶりに光明社へ立ち寄った際に小さな聖母像を1体購入した(売れ残って安売りしていた)。キリスト教における聖画や聖像という「かたち」の意味を、この機会に自分でも考える機会にしたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

音別神社で神輿渡御

13

 釧路市音別町の音別川ほとりの高台にある音別神社は、毎年7月の第二土曜日・日曜日に例大祭を挙行する。幟の林立する音別神社参道。音別川の対岸に位置するので、地番は尺別になるらしい。

 

8

 音別神社拝殿。音別神社は、1906(明治39)年、大和田清治・菅野雄五郎らが郷里の福島県県社太田神社(相馬太田神社)の御分霊を奉戴し旧社地に社殿を建立したことに始まるとされる。同社の主祭神は天御中主大神であることから、現在の音別神社の3柱の神のうち、同神はこのときに分霊を受けたものだろう。

 1920(大正9)年6月に3柱の御祭神をもって創立を出願し、1923(大正12)年4月に創立が許可されると社殿を改築。天照大神、豊受大神は、このときに祀られたものと思われるその後、1932(昭和7)年2月10日には村社となった。

 

9

 拝殿は比較的新しく、内部は美しい。古い絵馬などは無さそうであった。

 

10

 境内の様子。鳥居の向こうは急な階段で、降りると国道38号線と根室本線が音別川を跨ぐところへ出る。左の赤い建物が社務所。

 

2

 ふだんは静かな神社も、この日は賑わいを取り戻す。日曜日の9日には神輿渡御が行われ、昼を挟んで見越しが市街を練り歩いた。

 

4

 神輿が戻ってくるのを待つ人々。男の子が獅子舞に頭を噛んでもらっていた。

 

6

 暑い中がんばった獅子舞に、男の子がペットボトルのお茶を与えている。

 大型の神輿は石段下からトラックへ載せて上がってくるが、小さい神輿は担いだまま駆け上がってくる。みんなその様子を見るのが楽しみなようであった。

 

14

15

16

17

 暑い中、石段を駆け上がってきた神輿。

 

Photo

 境内に並んだ2基の神輿。若者達が最後に担ぎ上げてグルグルと回り出すと、群集から喝采の声が上がる。

 

1

 手前の小さい神輿は女性達が担いで歩いていた。

 音別町はもともと地味な町で、釧路市と合併した後も、阿寒町と比べると影が薄い。大塚製薬の工場がある町だが、観光や産物に目立ったものも無い。かつては尺別炭鉱があったが、いまは森林と原野が広がる。

 直別のキナシベツ湿原と尺別海岸の自然景観の保全と活用が、音別町の今後の活性化に役立てば良いと思っている。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

アイヌ舞踊とコタンを考える集い

Photo_8

 浦幌のアイヌ遺骨返還へ向けて、永年、運動へ取り組んできた浦幌アイヌ協会の差間正樹さんと市川守弘弁護士が帯広市で講演される。残念ながらこの日は仕事が入っていて私自身は参加できないが、ぜひ多くの方々にご来場いただきたいと思う。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町内の林道に咲く植物

1

 沢沿いに立つオオヤマオダマキ。20年くらい前に初めて浦幌の山を歩いたとき、スラリと立つ渋い色をしたこのオダマキが多くて「格好良い植物だなあ」と思った覚えがある。
 
 
Photo_6
 ギンリョウソウ。浦幌では1個体しか見ることができなかったが、今年は足寄の山中でやたら多くのギンリョウソウを見た。
 
 
Photo_5
 ハルカラマツ。
 
 
1_3
 托葉が裂ける。これに気づかず、カラマツソウやエゾカラマツをカラマツソウと誤認する場合がある。果実の季節になり、カラマツソウ類をよく見ていると、どれもコンペイトウ形の果実で、大半がエゾカラマツ。中にハルカラマツが混ざっている。そして普通のカラマツソウはほとんど無い。
 
 十勝では帯広の方へ行くと普通のカラマツソウが多い。どういう分布実態をしているのか、きちんと調べた方が良いなと思っている。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »