« 日本国憲法施行施行70年 | トップページ | 「共謀罪」への懸念 »

2017年5月12日 (金)

イヌナズナが多い

1

 
 浦幌は春になるとイヌナズナが一斉に咲く。まだ草花がほとんど出ていない時期から、町中の歩道のスキマとかに黄色い花が咲く。特に多いのが役場の花壇で、写真のように真っ黄色になる。
 
 これはこれできれいで目立つので「役場の黄色い花はなに?」という問い合わせがよく来るようになった。イヌナズナだとは思っていたが、採集してあらためてきちんと同定してみる。やはりイヌナズナであった。
 
 ところで、帯広でもイヌナズナはあったが、限られた場所にしか無かった。そもそも道東はもともとそんなに無かったらしい。近年増えているということなのか?日本在来種だが、ユーラシアに広く分布しており、いま目にしている個体は外来個体の可能性が高い気がする。
 
 このあたりもDNAを調べたりすればわかるのだろう。誰かに頼んで調べてもらおうか。
 
 

|

« 日本国憲法施行施行70年 | トップページ | 「共謀罪」への懸念 »

自然史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/65270617

この記事へのトラックバック一覧です: イヌナズナが多い:

« 日本国憲法施行施行70年 | トップページ | 「共謀罪」への懸念 »