« 今年も卒業論文大発表会を開催 | トップページ | 上厚内駅の廃止が迫る »

2017年2月15日 (水)

無人駅での乗降客数はどうやって調べているのか?

Photo_3

 
 道東に多いワンマン列車。無人駅と車掌さんのいない列車の組み合わせは、もはや札幌圏以外の普通列車では当然の風景である。
 
 無人駅からワンマン列車に乗る場合は、乗車時に発行機から整理券を受け取り、降車の際に駅の改札口で支払うか、整理券番号と運賃表示器の金額を見比べた上で、運転士に現金で運賃を支払って降りる。切符というものを持たないまま乗降するのである。
 
 こうした無人駅での乗降客数というのは、どのような方法で調べているのだろうか?かねてから疑問に思っていて、なんとなく「整理券」の発行数から割り出すのかなと考えていた。だが、これでは「降車客」の方はカウントできない。なぜならば、例えばA駅から360円区間の整理券を持って乗車しても、360円区間の駅が複数あったならば、どこで降りたものなのか後からではわからないからだ。
 
 通常、有人駅での乗降客数は定義があって、切符の販売数から算出する。乗車券、回数券、定期券それぞれに、乗降客数を計算するためのルールがあるのだ。だが、切符を発行しない無人駅での乗降客数はどのように計算しているのか?考えていてもわからないので、JR北海道の質問コーナーに質問してみた。その回答が以下である。
 
『当社では、社内で輸送計画を策定するために、各種イベントや帰省時期など季節的要素が少ない時期に、実際にワンマン列車のご利用状況調査を行っております。なお、ワンマン列車の運賃箱等からの調査は行っておりません。』
 
 少なからぬ衝撃が走った。これによると、「季節的要素の少ない時期に利用状況調査を実施している」、つまり、日頃の乗降客数は調べていない、ということだろう。
 
 一見それで良いんじゃないの?とも思える内容だが、私には疑問がある。この方法だとサンプル数がきわめて限られ、本当の利用実態は把握できていないように思うからだ。
 
 と言うのも、昨今公表されているJR北海道の路線別利用者数や駅の乗降客数の数値が、私の日頃からの実感とどうも異なる印象があるのである。いったいどうやって数値を出しているのだろうと思ったが、こういうことなのか。
 
 例えばこの方法だと、日頃から切符を販売している駅と、ワンマン列車しか停車しない無人駅とでは、年間利用者数のカウント方法が別になってしまう恐れは無いのだろうか?有人駅では切符の発行枚数から算出し、着実に乗降客数を増やしていけるのに、無人駅では限られたサンプリング期間の数値が全てになってしまうのだ。
 
 「そんなの、日頃から利用者数が少ない駅なら変わらないから問題ないではないか?」と言うなかれ。鉄道の生活利用はそんな単純ではない。
 
 私は日頃から根室本線の普通列車に比較的乗っている方だと思うが、こうしてしょっちゅう乗っていると、人々の利用には定形のパターンと非定形のパターンがあることが見えてくる。
 
 例えば雨の日。雨の日だけ汽車を利用する人と、雨の日は車で送ってもらっている人がいる。雨によって帰宅時間が変わってしまう人などの場合だろう。
 
 例えば帯広のスーパーが特売の日。釧路だとスーパーが駅から遠いと言って、帯広まで買い出しに行くご婦人がいる。
 
 例えば試合のあった日。いつもの区間を越えて、ジャージ姿の高校生が列車で帰ってくることがある。
 
 例えば呑み会の日。今日はお酒を飲むから帰りは(場合によっては行きも)列車でという労働者。
 
 そのほか、例えば私の博物館での行事で、観察会や見学会の場所まで列車で移動することがある。
 
 鉄道では、定期利用者に加えて、こうした非定期の利用が毎日状況に応じてそれぞれ交錯し、合わさって乗降客数になるのである。もちろん長距離の旅行者などもこれに加わることがあるだろう。
 
 ところが、こうした利用が、いまの方法では乗降客数に全く反映されていない事になるのである。これは道東の普通列車のように、もともと利用者数が少ない、言い換えれば1人の乗客の数字が存廃に与える影響が大きい路線では重大な問題ではないか。
 
 とても乱暴な言い方をすれば、ワンマン列車に整理券と現金でいくら乗車したところで、全くその駅の乗降客数には反映されないという事である。こ、これはあまりにも空しすぎる。そしてその数字だけで「路線や駅の価値」を測られては、地元はとても困るのである。
 
 とは言え、現実にそうした方法で「路線や駅の価値」を測っているのだとすれば、こちらもそれに合わせなくてはならない。すなわち、ワンマン列車への現金乗車は統計上は損な訳だから、とにかく切符を発券しなくてはならない。お出かけの際には、面倒でも有人駅での事前発券。博物館で行事をするときも、あらかじめ浦幌駅や音別駅で区間指定の乗車券を購入。これを心がけねばならない。うーん。
 
 

|

« 今年も卒業論文大発表会を開催 | トップページ | 上厚内駅の廃止が迫る »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/64895222

この記事へのトラックバック一覧です: 無人駅での乗降客数はどうやって調べているのか?:

« 今年も卒業論文大発表会を開催 | トップページ | 上厚内駅の廃止が迫る »