« 冬の雨上がりの尺別駅 | トップページ | サイエンスコミュニケーションの課題 »

2017年1月28日 (土)

しゃっこいフェス2017

Photo

 浦幌では、さまざまな立場の若者が中心となって実行委員会をつくり、今夜と明日、「しゃっこフェス2017」というイベントが行われている。帯広の氷まつりのような大きなイベントではないが、手作り感のある冬のお祭りという感じで面白い。
 
 
Photo_2
 露店、といっても地域の方々の手によるカレーライスやスープなどのテントが並ぶ会場。浦幌のお祭りは、もう永いこと露天商が入っていないそうだ。
 
 
Photo_3
2
 雪を固めた滑り台。前日の気温上昇と降雨により、表面がならされてテカテカに。より滑りやすさ抜群になっている。
 
 
2_2
1
 見ていて面白かったのが人間ばんば。ばんえい競馬のような丘障害を雪山でつくり、ソリに乗った子供を引っ張って超える競争。なかなか荒っぽいが盛り上がる。
 
 
Photo_4
 立ってじっとしていると寒くなってくる。しばれる中でのイベントは、準備する方は大変だろうと思う。
 
 
Photo_5
 明日は日中、雪合戦や図書館員による絵本の読み聞かせ(かまくらの中でやるらしい)、たからさがしなどが行われる予定。天候が荒れないと良いのだが、大丈夫だろう。明日も盛り上がることを祈っています。
 
 
2_3
Photo_6
で、「しゃっこいフェス2017」へ顔を出していたら予定していた汽車に乗り遅れてしまったので、自動車で尺別へ行く。釧路方面は暴風雪警報が発令されていて、20時を過ぎると風がとても強くなってきた。
 
尺別と直別の間、地理的には直別に入るキナシベツ湿原入口の木無別踏切。通過する列車は上り最終の2532D。本当はこれに乗るつもりだったのだが、今日は残念。
しかし、凍てつく夜の踏切はなぜか美しい。
 
 

|

« 冬の雨上がりの尺別駅 | トップページ | サイエンスコミュニケーションの課題 »

浦幌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/64822646

この記事へのトラックバック一覧です: しゃっこいフェス2017:

« 冬の雨上がりの尺別駅 | トップページ | サイエンスコミュニケーションの課題 »