« 降誕祭とけあらし | トップページ | 年末年始に名古屋を往復する »

2016年12月28日 (水)

博物館だよりに関する課題2点

20171

 
 『浦幌町立博物館だより』の1月号が発行された。と、ひとごとのように言っているが、もちろん私自身が編集・発行している。
 
 今年の5月号から、博物館だよりの体裁を大きく変更した。従来は臨時職員さんに作ってもらっていた、いわゆる行事お知らせのチラシであった。だが、せっかくの月刊紙媒体なのだから、行事のお知らせだけではもったいないと思い、毎号、ちょっとした記事を1面に書き、裏面を行事案内とするニュースレター形式のものに変更したのであった。いまは私自身が執筆・編集を行い、印刷や発送を臨時職員さんにお願いしている。
 
 現在、広報うらほろに毎月「博物館の窓」というコラムを連載。これは昨年、浦幌町立博物館へ赴任したときから続けている。そして今年からこの『博物館だより』を発行。なんだかんだで、毎月2媒体にコラムを書いていることになる。
 
 こういうのを書き続けること自体は苦にならないのだが、問題がふたつある。
 
 ひとつはこうしたコラムがどの程度読まれているのか?また、どうやって読まれるように発信していけば良いのか、よくわからないという問題だ。
 
 現在、『博物館だより』は町内の公共施設や店舗などに置かせてもらっているほか、近隣町村の図書館、帯広市内と釧路市内の博物館・図書館および北海道博物館で毎月配付している。町内の配達は、ボランティアさんの手をお借りして実施している。が、果たしてこれでいったいどれくらいの人が手に取っているのかがよくわからないのである。労力と時間とかけて、こうした配付を続けることに意味のあることなのかどうか、数字として実感できない点が課題に思う。
 
 もうひとつは私自身の問題で、毎月のコラムに慣れてしまうと、外の媒体になかなか文章を書かなくなってしまうことだ。実際、帯広百年記念館に勤務していたときに比べると、無意識的に外媒体への投稿が減っている。これはまずいことで、自前の広報媒体だけでなく、来年はもっと積極的に外のメディアに投稿するように心がける必要がある。
 
 今年、学芸職員部会がWEBで連載していたコラムが、1冊の本にまとまり、出版された。少しずつでも書き物が溜まっていったら、やはりそれはWEBに留めず出版してカタチとして残した方が良いと思っている。「博物館の窓」や『浦幌町立博物館だより』の記事も、いつしか本にまとめられたら良いと思っているが、さあ、いつまで続けることができるでしょうか?
 
 
 

|

« 降誕祭とけあらし | トップページ | 年末年始に名古屋を往復する »

浦幌町立博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/64687907

この記事へのトラックバック一覧です: 博物館だよりに関する課題2点:

« 降誕祭とけあらし | トップページ | 年末年始に名古屋を往復する »