« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月27日 (日)

「追悼フィデル・カストロ」な待降節第1主日

20161127

 昨年も全く同じ事を書いているが、これだけ日曜日に教会へ来られずに苦悩している1年のうち、なぜか年間最終主日と待降節第1週はここ数年いつもミサに出席できている。悪いことではないのだが、この仕事の周期というかパターンが見えてくるようで興味深い。
 
 この2日前、フィデル・カストロが亡くなった。いろいろと評価の分かれる人物であるが、少なくとも私には敬愛する人物の一人であった。キリスト者、特にフィデルによる教会破壊などの弾圧を受けたカトリック教会では、フィデル(というよりも共産主義者全体)に対してマイナスの感情を抱いている人も少なくない。その気持ちは理解できるが、一方で実は彼に敬意を抱いているキリスト者も少なくない事を私は知っている。
 
 そもそもフィデルは本当に信仰を捨てていたのだろうか?マルクス・レーニン主義者は一様に頑なな無神論者と思われているが、日本人が「無宗教」などと言いながら深遠な宗教心を内面に宿しているのと同じく、フィデル・カストロ本人の心の奥底には、キリスト者としての意気が終生宿っていたのではないか?という微かな期待のようなものが私にはある。
 アメリカとの国交も回復し、フランシスコ教皇とも対話を果たし、そのフランシスコ教皇が定めた「いつくしみの特別聖年」が明けた待降節第1週。この時期に故人となった事も、フィデルの信仰と無関係ではないのではないかという気がする。
 
 
Photo_3
 
 革命以来、徹底した反米主義を貫くと共に、教育や医療の改革に取り組み、個人崇拝を禁じ、「貧しさを分かち合う社会主義」を掲げたフィデル・カストロにるキューバ社会主義には、不思議と心惹かれるものがある。さまざまな問題を内包しつつも、世界中を席巻する「資本主義」に対置するもうひとつの生き方の形として、大きな存在感を示してきたキューバという国。その建設者、牽引者として、フィデル・カストロの名は歴史に力強く刻まれていく事だろう。
 
 イグナシオ・ラモネによる緻密で長大なフィデル・カストロへのインタビューが、岩波書店から刊行されている。上下巻でそれぞれ2段組という大作だが、革命からキューバ社会の現在に至るまで、フィデルがどのような事を考えていたのかがうかがえる興味深い著作である。実は下巻の一部で読むのを止めてしまっていたのだが、これを機会に再読を試みたいと思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

ミサで思い出した昔聞いたはなし

20161120_2

 カトリック教会の暦「教会歴」は、待降節第1主日に始まり、その前週である「王であるキリスト」と呼ばれる主日で1年を終える。今年は11月20日が年間最終主日であった。
 
 神父様の話。まだ神学生だった頃、東京のカトリック病院の入院病棟で奉仕をされていたときの話だそうである。
 「今日は手強い方が入院されている」と言われて担当した患者は、北海道大学農学部の教授だったと言う。信仰は全く持っていなかった。
 だが、繰り返し世話をしていたある日、次のような事をその教授が話されたと言う。
 その病室からは十字架が見えたのだそうである。寝ていても見えるというから、病室の壁に掛けられていたのかもしれない。カトリックの十字架は、磔刑のイエスの像が付いてる。その十字架を何日も何日も見続けていてふと感じたのだろう。
 
「あの方〔磔刑のキリスト〕は裸ですね。自らを包み隠さず、弱さ辛さをさらけ出している」
「あの方は両手を広げておられますね。まるで何者をも包み込んでくれるような姿をしている」
「この方の前では、何も隠す事はできない。自分の思いを素直に打ち明けてしまえる、委ねることができる。そんな気がしますよ」
 この教授は最後まで無信仰だったようである。だが、信仰の無い教授が、実に信仰の本質を突いた言葉をぽつりと語っている。当時神学生だった神父にとって、その衝撃は大きかったと言う。
 
 似たような話を学生時代に聞いた事がある。酪農学園大学の学園礼拝に来られていたどこかの牧師さんの話だ。
 
 その牧師さんは刑務所の教誨師をされていた。その刑務所に、ケンカっぱやく、とうとう人を殺してしまったある犯罪者がいたが、何度も接するうちに更正され、社会に出ていったと言う。
 ところが、いちど犯罪を犯した人に対して社会は厳しい。なかなか仕事にもつけず、ようやく就けた職場でも、とてもひどい事をさんざん言われ続けたそうである。
 或る日、とうとう絶えかねて口論となり、よっぽどのところで相手を傷つけてしまうところをようやく我慢して逃げ出し、その牧師さんの教会へやって来たと言う。
 顛末を話すその方に牧師さんは「でも〔相手を傷つけず〕今度はよく我慢されましたね」と声をかけた。するとその人は、泣きながらこう答えたと言う。
「また同じ事をしてしまったら、イエスさんに申し訳がない」
 
 私はこの牧師さんの話を聞いて、それまでキリスト教に抱いていた疑念やわだかまりを脱し、「ああ、これが信仰というものなんだな」という事を理解したような気がした。信仰が人を救うということが、実際に世の中では起きているのだなと。
 
 神父さんの話と、それを聞いて思い出した学生時代の牧師さんの話。それらの話を聞いて信仰の本質を理解した気になっているけれども、少しも進歩していない自分の姿に、打ちのめされた気がした教会歴最終主日であった。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

臨時快速の効用

2530d9307d
19時20分ころの浦幌駅。2番線に入線し待避する上り普通2530Dと、入線する下り臨時快速9307D。
 
台風による石勝線障害で特急列車が運休するなか、帯広〜釧路間には1日3往復の臨時快速列車が運行され、その全てが浦幌に停車する。浦幌にとっては、これは破格の措置で、日頃は1時間〜1時間30分ほどかかる帯広までの時間が約45分、2時間かかる釧路までも1時間で結んでくれる。それもそのはずで、途中停車駅は池田、浦幌、白糠のみ。たいへん便利な列車が、期間限定で運行されているのだ。
 
そもそも浦幌は、ほかに公共交通機関が無い。なので鉄道で帯広や釧路へ出るのは必然な訳だが、日頃のダイヤでは確かに時間がかかりすぎる部分がある事は否めない。実際、この快速列車の運行で「ずいぶん早くなった。便利だ」との声も聞く。帯広や池田に通う高校生や、病院や買い物に行く人たちも、この快速列車の恩恵に浸っている。
 
石勝線の復旧と特急列車の再開は年内には行われる予定で、そうするとこの臨時快速列車も消える。浦幌に暮らす者としては、1往復でも良いから、そして特急車両ではなくキハ40で良いから、この快速列車を残して欲しいと思うが、これは難しい要望だろうなとも思う。しかし、快速運行による需要の掘り起こしこそが、鉄道復権に向けた本来の役割だとも思うのだが。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »