« 天皇陛下の「お気持ち」 | トップページ | 鳥居を比べてみた »

2016年8月10日 (水)

帯広百年記念館で「昭和のくらし・しごと展」

Photo

 帯広百年記念館で、企画展「昭和のくらし・しごと展」が始まった。
膨大な生活・産業資料の中から、いくつかのテーマを設定して、展示が組まれている。写真は「昭和40年ころの夏のくらし」。隣には昭和50年ころのくらしも組まれており、家電製品などの製造年代などを細かく調べて、6畳間が再現されている。
 
 
Photo_2
 本展には、浦幌町立博物館と根室市歴史と自然の資料館からも資料が出品されている。浦幌からは「掛け時計」と「郵便ポスト」が出ている。掛け時計は吉野小学校の新校舎落成祝いに地元の方が寄贈したもの。かつて時計は高級品で、こうした祝いの際の品物として、署名入りで献呈される事がよくあった。
 本展では、こうして贈られたさまざまな時計が展示してある。浦幌からの時計は写真の左端。
 このほか、会場入口にはアンケートの回収箱として丸型の郵便ポスト(郵便差出箱1号丸型」が置かれている。厚内郵便局で永年用いていたものである。
 
 帯広百年記念館の「昭和のくらし・しごと展」は、9月25日(日)まで開催。9月3日(土)からは、北海道博物館の池田学芸員を招いた博物館講座も開催される。詳しくは帯広百年記念館サイト。http://www.octv.ne.jp/~hyakunen/oshirase2.html#00-tenji
 
 
 

|

« 天皇陛下の「お気持ち」 | トップページ | 鳥居を比べてみた »

博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/64037624

この記事へのトラックバック一覧です: 帯広百年記念館で「昭和のくらし・しごと展」:

« 天皇陛下の「お気持ち」 | トップページ | 鳥居を比べてみた »