« 音別でお花見 | トップページ | 新着資料展での「かめや食堂資料」 »

2016年5月30日 (月)

小樽で企画展を2つみる

Photo

 小樽市総合博物館の本館(手宮)で、4月末から7月3日までの間、企画展「名前の博物誌」が開催されている。先日、こっそりとお邪魔し、展示を拝見してきた。
 
 
Photo_2
 生物の名前には、世界共通の学名と、その地域だけで通用する名前(日本なら和名)がある。また、それらの名前にはさまざまな由来があるし、学名の決め方には厳格なルールもある。
 そうした内容が、標本や写真と共に丁寧に解説されている。
 
 
Photo_3
 ものすごい勢いで植物採集をしていたフランス人宣教師フォーリーが採集した標本に基づき新種発表された「オタルスゲ」。このような名前のルーツについて、「猿にちなんだ名前」や「地名のついた名前」「勘違いによる名前」など、いくつかのトピックごとに展示されている。コンパクトで美しく展示されており、とてもわかりやすい。なかには、私も知らなかった植物名のルーツがあったし、とても勉強になった。
 
 
Photo_4
 こちらは生物名の仕組みについて。学名に使われるギリシア語やラテン語の事例もあり、親しみやすく解説されている。
 
 
Photo_5
 学名の父リンネと、そのリンネに献名されたリンネソウ。
 
 
Photo_6
 こちらは命名規約と新種発表の実際について解説されたコーナー。学芸員の山本さんが実際に新種発表したときの論文を事例に説明されている。
 
 学名の展示は、いつか私も手がけたいと思いつつ、まだ取り組んだ事が無い。やはりこれは面白いなと実感したので、今回の展示を参考に、十勝でも近く開催してみたい。
 
 
Photo_7
 もうひとつ、市立小樽文学館で開催中の特別展「早川三代治展:インターナショナルな知的表現者」も見学する。
 こちらは5月21日(土)から始まったばかりで、この日も新聞の取材などが来ていた。開催期間は7月24日(日)まで。
 
 早川三代治は、経済学者としての名前は知っていたものの、文学者としての側面は全く知らなかった。今回、彼が有島武郎の影響を強く受け、有島をテーマにした戯曲の構想も練っていたという話を聞き、このあとニセコの有島記念館へ出向く事もあって、一度その功績を学んでおこうと思ったもの。
 
 実際に見学してみると、小樽市総合博物館運河館で少しずつ活字化のはかられている『稲垣日誌』にその名が登場したりと、有島も含め、後志地方らしい資料との結びつきがある人物だなあという点が特に面白かった。さまざまな人物と親交があり、彼らから届いた手紙や葉書が公開されていたのも興味深かった。
 
 よその館の企画展は、自分の仕事を進める上でもこのうえない教材になり、大いに影響を受ける。最近あまり他館の企画展を精力的に巡っていないが、きちんと時間をつくって学ばなければなあと痛感したのであった。
 
 小樽文学館 http://otarubungakusha.com/yakata
 
 

|

« 音別でお花見 | トップページ | 新着資料展での「かめや食堂資料」 »

博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/63707497

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽で企画展を2つみる:

« 音別でお花見 | トップページ | 新着資料展での「かめや食堂資料」 »