« ご復活おめでとう | トップページ | 厚内小学校のチョウの標本 »

2016年4月 8日 (金)

ヤマノカミを収蔵

Photo  

ヤマノカミ様の絵を御寄贈いただいた。

浦幌町の炭山付近で仕事をしていた林業の人達の神様で、毎年12月12日には木を伐らず祀りをしていたと言う。近隣で捕まえたヘビを漬けた酒を奉納したのだそうだ。絵柄や伝承からオオヤマツミノカミだと思われる。

 

永年使っているうちにボロボロになり、あちこち自己流で補修した跡が残る。紙質も劣化し、ポロポロとなっている。

計測の上、株式会社資料保存器材に発注して、中性紙の保存箱(巻子箱)を購入して収容。ただ、本当は脱酸処理などが必要かもしれないし、裏打ちして額装した方が安全かも。状態から、これ以上丸めて保存しておくのは良くないと思われる。

あとは予算との相談だが、見積もりだけでもとってみようか。

 
 

|

« ご復活おめでとう | トップページ | 厚内小学校のチョウの標本 »

浦幌町立博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/63454714

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマノカミを収蔵:

« ご復活おめでとう | トップページ | 厚内小学校のチョウの標本 »