« ヤマノカミを収蔵 | トップページ | 日々の作業が力になると思うこと »

2016年4月15日 (金)

厚内小学校のチョウの標本

Photo

 今年、2016年の3月31日限りで廃校となった、浦幌町立厚内小学校。
 その旧校舎には、昇降口に大きな「厚内のチョウ」の標本展示があった。
 
2
 色も褪せ、採集情報などの標本としての基本情報が欠落しているが、どうやら厚内で採集された標本である事は間違い無いようだ。しばらく考えたが、学芸員仲間からの助言もあり、やはり当館で引き取る事にした。
 と言っても、大ケースのままでは無理なので、標本箱を持参し、1個体ずつ移し替えを実施した。
 
Photo_2
 こうして全個体を回収。なかには既に破損が著しいものもあるが、地域の自然史研究の歴史を証する標本であり、地方博物館として収集・保存する意義はある。
 今後、「厚内小学校標本」といったラベルを新製し、各個体毎に虫ピンに刺していきながら整理作業を進めたい。
 
 

|

« ヤマノカミを収蔵 | トップページ | 日々の作業が力になると思うこと »

浦幌町立博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/63490239

この記事へのトラックバック一覧です: 厚内小学校のチョウの標本:

« ヤマノカミを収蔵 | トップページ | 日々の作業が力になると思うこと »