« 花咲駅へ行く | トップページ | 浦幌学芸1年経過 »

2016年3月25日 (金)

浦幌駅最後の「分割」を見る

2

 
 基本的に全車両にエンジンの着いている普通型気動車は、分割・併合が容易という事で、国鉄時代は随所でその作業が見られた。しかし、現在は区間運転の運用が減少し、見られる箇所も少なくなってきた。
 浦幌駅では毎日11時12分に到着する釧路行き2525Dを分割し、折り返し滝川行き2528Dとなる車両の切り離しを実施していたが、この度のダイヤ改正で日中の浦幌折り返し運用が廃止となるのに伴い、この分割作業も3月25日が最後となった。
 駅員さんの了解を得て、最後の分割作業を見守った。
 
 
Photo
 
 11時12分、定刻に3両編成の2525Dが入線。そもそも、この区間で普通列車が3両編成というのも珍しい(2両編成は他にもある)。
 
 
1
 
 到着後、ただちに分割の作業に入る。最後尾の気動車のみ切り離す。連結器の間に鉄道員が2〜3人入っての作業。
 
 
2_2
 
 指差し確認。
 
 
6
3
 
 最後尾の滝川行きとなる車両が小移動し、連結器が外れる。危険なので、この作業の間、2548D側は客扱いをしない。改札もこの作業が終わるまでは釧路行きのみ。
 
 
5
 
 ジャンパ線などの処理を行い、ブレーキテストその他、確認が行われる。
 
 
4
 
 ここでも指差し確認。
 
 
Photo_2
 
 3両編成なので、1両で動いている他の列車とは異なる位置に列車の先頭が来る。やはり駅と列車は3両くらいあると、駅と列車という雰囲気が出るなと思う。
 
 
1_2
 
 分割の終了した編成。手前が切り離され、折り返し滝川行き2548Dとなるキハ401759。側面のサボは、青いラインの入った「青サボ」で、札幌圏で見られるタイプのもの。このサボが浦幌へ入ってくる運用が、今回の改正で減少する。
 
 
4_2
 
 このまま釧路へ向かう前2両(キハ401775+キハ40777)。側面の「釧路」と書かれたサボは、釧路支社の「白サボ」。浦幌で通常見られるタイプ。
 
 
2_3
 
 11時21分、前2両の釧路行き2525Dが発車していく。手前に残っているのが滝川行き2548D。
 
 
3_2
 
 11時25分、1両で残っていた滝川行き2528Dが池田方面へ発車して行く。運転士と駅員氏が手を挙げて挨拶を交わしている。午後から帯広百年記念館へ行く時によく利用していた便だったが、この日で廃止となる。
 
 
1_3
 
 浦幌駅改札の表示。今回の改正まで、この列車の到着時は、釧路行き、滝川行き、双方の札が下がっていた。
 
 
2_4
 
 浦幌駅は「キタカって何?」と言わんばかりの完全手動出改札で、改札を始める時になって「ただいまの改札」をいう札が出る。国鉄時代から続いているもの。
 先述のとおり、分割作業時に車両の移動があるので、まずは釧路行きから改札を始め、切り離し作業終了後に滝川行きの改札を始める。
 
 
3_3
 
 待合室の様子。慣れたもので、滝川行きに乗る人はまだ来ておらず、発車直前になってやって来る。
 
 こうした日常の駅の光景は、かつて帯広百年記念館所蔵の荘田喜與志氏のコレクションによく含まれており、今の時代の光景は私たちが撮って残しておかなければなあと思っていた。今回のダイヤ改正を機に、少しずつこうした光景も変化していく。
 
 

|

« 花咲駅へ行く | トップページ | 浦幌学芸1年経過 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/63396460

この記事へのトラックバック一覧です: 浦幌駅最後の「分割」を見る:

« 花咲駅へ行く | トップページ | 浦幌学芸1年経過 »