« 幻の列車に乗る | トップページ | アンモナイトで講演会に特別授業 »

2016年1月28日 (木)

『生れ月の神秘』と『ソヴェートの力』

Photo

 また変な本を買ってしまった。
 『生れ月の神秘』と『ソヴェートの力』。
 釧路の喫茶店内で開催中だった「古い本 古いもの」市に妻と出かけ、ぶらぶらと見ている中での二冊。特に『生れ月の神秘』はなかなか変な本で、著者はなんと山田耕筰。あの大作曲家、山田耕筰である。
 
 「もともと占いとか好きだったみたいですよ」と店員さんが言うとおり、帰宅してから調べてみると、占星術が趣味だったようだ。だが、占星術と言ってもこの本は星占いではなく月占い。誕生月ごとに「性格」「為すべきこと」「短所」「慎むべきこと」「●月生れの子供」の項目があり、各月の扉には御丁寧にその月生まれの著名人の名と職業が並んでいる。
 
〔物質文明の光が洽く満ち溢れてゐる西洋ですら、今なほ迷信が残つてゐるはかりでなく、むしろ物質文明の裏にこそ、却つて迷信の闇もあり、無智な先人ののこした遺風はもとより、新しい科學の生んだ新しい迷信さへもが存在するのです〕
 
 などと、ふーん、というような事も「著者の言葉」に書かれていて、けっこう読ませる本である。私は占いというものを気に掛けていないが、さっそく自分の誕生月にざっと目を通してみると、これがなかなか面白い。どうしようかなーとも思ったが、店員さんの説明も面白くて、どうしても気になり、買ってしまった。
 なお、まったく関係ないが、山田耕筰作品の著作権は、先日2015年12月31日で切れたそうである。
 
 『ソヴェートの力』の方は、元英国教会の司祭だったヒューレット・ジョンソン師の著作で、これは結構有名。なにせ教会の現役牧師が社会主義を解説したりしていたので、当時は「赤い僧正」などと呼ばれていたらしい。救世軍にもスミス少佐という「赤い少佐」と呼ばれた牧師さんがいたが、私も含め、キリスト者には社会主義に心惹かれる人が昔からいたという事か。こちらも購入。
 
 
Photo_2
 今回の「古い本 古いもの」は、釧路市鳥取の国道38号線沿いにある shop & cafe RHYTHNさんで開催。主催は系列のsendさんらしい。そして中でも古書は、釧路駅の表と裏の両方にある豊文堂書店が協力しているとのこと。
 
 本当はもう終わっていたはずなのだが、天候が悪かったせいもあり、期間を一週間延長しているそうだ。と言うことは明後日30日までか。お近くの方はぜひどうぞ。
 
 

|

« 幻の列車に乗る | トップページ | アンモナイトで講演会に特別授業 »

釧路」カテゴリの記事

コメント

コメントをありがとうございました。キリスト教社会主義という立場もあり、歴史的にはいろいろな方がおられたようですね。赤岩栄氏は不勉強ながら存じ上げていませんでした。私もその本を読んでみたいと思います。

投稿: 持田 誠 | 2016年2月11日 (木) 07時27分

北海道は、きびしい寒さでしょうね。関東も今夜は、かなりの冷え込みです。

キリスト者と社会主義の件、興味を持ち読みました。実は、今、広島原爆に関連し、「《原爆の図》全国巡回」(岡村幸宣 新宿書房)を読んでいます。丸木位里、赤松俊子の描いた原爆の図の巡回展についての記録です。この本に赤岩栄という日本基督教団の牧師のまま、共産党員であった方についての記述があります。

投稿: momochin | 2016年1月30日 (土) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/63136001

この記事へのトラックバック一覧です: 『生れ月の神秘』と『ソヴェートの力』:

« 幻の列車に乗る | トップページ | アンモナイトで講演会に特別授業 »