« 豊文堂とラルゴとフリーペーパーGili | トップページ | 「今」を集める博物館 »

2015年12月28日 (月)

外収蔵庫が不完全だと困るのだ

10
 25日に帯広市図書館から「アイカケ」という農具がよくわからない、文献にもなかなか出てこない名前なのだが、という問い合わせが来た。たまたま今年農具展をやった時に、外収蔵庫の片隅に「アイカケ」とメモの貼られた農具を見た記憶があったので、それなら写真を送ると回答したものの、さて3つある外収蔵庫のどこにあったか?よく覚えていない。そもそも今は冬で、入口に積まれた氷を割り雪をはねないと扉が開かない。
 
 
02
 平日は作業する時間がとれなかったので週末へ持ち越し、とりあえず土曜日のうちに外収蔵庫入口の氷割りと雪ハネを実施。翌日は冷え込んだ日曜日にも関わらず元館長と元博物館職員を叩き起こして、火の気の無い外収蔵庫(元教員住宅)を捜索。いろいろなものをどけながら、やっとの事で表に運び出し、とりあえずの写真を撮影。なんとか年内に回答する事ができた(帯広市図書館は27日で年内最終日)。
 
 
Photo
 このように、収蔵庫がきちんと整備されておらず、とりあえず借りている納屋にしまっているという不完全な状態だと本当に冬は困る。通年で電気と除雪が入っている、きちんと生きた建物でないと困るのだ。収蔵庫を単なる倉庫だと思っている管理者に再考を促したい。
 それにしても寒い中、元博物館員のお2人本当に助かりました。
 
 ちなみに「アイカケ」とはカルチベータの一種で、浦幌の農家の人達は農具そのものの名称として用いる方が多いようだが、帯広百年記念館の池田学芸員の調べによると、「あいかける」と動詞(形容動詞?)として用いる言い方も道内にはあるらしい。カルチベータの小型で初期の形態のものを指す場合が多く、「カルチベータのことだよ」という人もいて、違いがよくわからないが、道具の正式な名称としては「中耕除草機」という事になるのだろうと思う。
 農具の地域における名称の使われ方の一例として、引き続き詳しく調べてみたいと思う。
 

|

« 豊文堂とラルゴとフリーペーパーGili | トップページ | 「今」を集める博物館 »

浦幌町立博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/62965270

この記事へのトラックバック一覧です: 外収蔵庫が不完全だと困るのだ:

« 豊文堂とラルゴとフリーペーパーGili | トップページ | 「今」を集める博物館 »