« 旭川教育大で集中講義 | トップページ | 中士幌郵便局の局舎 »

2015年9月 5日 (土)

9月の豊北植物観察会

Photo

 アキアジ釣りの人々で賑わう豊北海岸。これは広尾方面を見たところ。
 
 
Photo_2
 こちらは釧路方面を見たところ。昨日は雨がひどかったが、今朝はカラリと晴れて、空が雲が美しく気持ち良い。だが、今日はアキアジ釣りに来た訳ではない。
 
 
Photo_3
 浦幌町立博物館では、毎月1回(基本的には第1土曜日)に、豊北海岸自然観察会という名の植物調査会を開催している。今年から私が始めた。
 参加者全員で豊北海岸の草原を歩きながら植物を探し、フェノロジーを記録していくものである。
 
 
Photo_4
 ガンコウラン結実。調査では結実は「Fr」という記号で記録している。
 
 
Photo_5
 コケモモ結実(Fr)。
 
 
Photo_6
 ハマナス結実(Fr)。
 
 
Photo_7
 ハマナスはしぶとくもまだわずかに花も残っていた。これは豊北海岸名物の白いハマナス。一応、シロバナハマナスRosa rugosa Thunb.  f. alba (Ware) Rehderという品種名もあるらしい。
 開花は「Fl」と記録するが、大体は果実期に入っているので「Fl-Fr」という形で記録している。
 
 
Photo_8
 エゾフウロとナミキソウ。共に蕾から果実まで確認されたので、「Fb(蕾)-Fr」と記録。
 
 
Photo_9
 チシマセンブリ(Fb-Fl)。
 
 
Photo_10
 ヤナギタンポポ(Fl-Fr)。
 
 
Photo_11
 砂浜にはハマニガナ(Fb-Fr)。
 
 他にも、ミヤマアキノキリンソウやエゾリンドウ、カセンソウ、ヤマハハコなど、夏の終わりから秋を感じる植物たちが花を咲かせている。海岸草原に本格的な秋が訪れる。
 
 

|

« 旭川教育大で集中講義 | トップページ | 中士幌郵便局の局舎 »

自然史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/62224061

この記事へのトラックバック一覧です: 9月の豊北植物観察会:

« 旭川教育大で集中講義 | トップページ | 中士幌郵便局の局舎 »