« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

士別市で学芸職員部会の総会研修会

Photo

 9月25-26日にかけて、士別市を会場に北海道博物館協会学芸職員部会の総会・研修会が開催された。年に1回、全道から学芸員がわらわらと集まる日で、毎年各地で学芸員が取り組んでいるいろいろな話が聞ける有意義な場で、今年も参加してきた。
 会場は士別駅前の生涯学習センターで、これが農協さん(JA)の建物に図書館と同居して入っていて驚いた。
 
Photo_2
 部会長は沙流川歴史館の森岡さん。開会の挨拶。今回は50名近くの参加者があり、しかも参加者は年々増えている。近年、道内の学芸員も若手が増えてきたので、勢いが付いているのかもしれない。良い傾向だなあと思う。
 
Photo_3
 研修では展示リニューアルがテーマで、実際に近年リニューアルを手がけた館の学芸員が、苦労した点、失敗した点などを赤裸々に報告しているのが実務的である。まずは4名の方から事例報告。写真は新ひだか町博物館の藪中さんの報告。
 ここは旧静内郷土館時代、すなわち大学院生で静内の北大牧場通いを続けていた際に訪館しているが、新しくなってからまだ訪問しておらず、近く行ってみたいと考えている博物館である。全く新しくなり、特に図書館併設となったそうだから、浦幌と状況が似ているので、訪問して実情を自分の目で見て来たい。
 
Photo_4
 その後は4人の報告者に直接質問や意見などを交わせるように、ワールド・カフェ方式というらしいが、4班に分かれて15分ずつ各報告者を回るという方法で議論。この方法だと、少人数で忌憚なく意見交換がしやすく、しかも結果は簡単なメモ(付箋紙)で模造紙に記録していくので、話しっぱなしで終わらないという利点もあって、なかなか良かった。ただ、書記担当の人は大変そうだった。
 
Photo_5
 夜の懇親会。左から2番目が今回の主催館である士別市立博物館の森さん。士別市立博物館は現在、森さん、本部さんのお二人の学芸員がおられ、とても若いコンビで動かしている博物館である。
 そして左端で挨拶に立っておられるのが、元館長にして同館学芸員だった水田さん。実は水田さんは司書でもあり、現在は会場となった生涯学習センターに入っている図書館で、市史編さん業務を兼ねて勤務されている。これまで永年お一人で博物館を運営してこられ、今回の事例報告でも話されていたリニューアルや収蔵資料の管理をこなされてきたのであった。
 私はかつて2年間、植物パラタクソノミスト養成講座の講師として士別市立博物館に呼んでいただいた事がある。その際、とてもお世話になったのが水田さんであった。異動されたとは聞いていたが、今回お会いする事ができて本当に良かった。
 
Photo_6
 翌日は市内の山間部で地層を観察する。山を越えれば幌加内町で、かつて幌加内側から山へ入った事はあるが、士別市側で山へ入るのは初めてである。しかも蛇紋岩地帯の露頭を専門家の案内で巡検できる機会あ滅多に無い。
 もっとも、地質鉱物の話は聞いている最中はなるほどと思うのだが、どんどん頭から抜けていってしまう。メモと採集鉱物をもとに、これから復習が必要である。
 
Photo_7
 エクスカーション終了時のあいさつ。後方右が士別市立博物館本館、左が旧士別市公会堂で、廊下で本館と結ばれ、現在は博物館別館として活用されている。
 
Photo_8
 巡検へ出かける前に、20分ほど士別市立博物館を見学する事ができた。森さんの解説でリニューアルの要点を聞き、その後、館内を自由見学する。
 
Photo_9
 道北は水稲直播き器発祥の地である。タコアシもネコアシも展示されていたが、気になったのはこのネコアシ。当館に所蔵のものとは形が少し異なり、しかもなんだかラベルがベタベタ貼ってある。今度個別にじっくり調べさせて欲しい。
 
Photo_10
 この千歯も当館のものとは異なり、歯が円筒形だ(当館のは平たい)。円筒形の歯の千歯は十勝では見た事が無く、やはり職人さんの系譜が異なるのだろうか?
 ちなみに、足が1本足りない気がする。当館の千歯も足が落ちてしまっており、各館の残る千歯扱き共通の欠点なのかもしれない。
 
Photo_11
 士別には市内にレンガ倉庫や軟石倉庫、木造建築が多数残っている。その数はちょっと驚く程で、この街並みをぜひ博物館でも町でも最大限活かした取り組みをして欲しいなあと思う(ただ、いろいろ大変だろうなとも思う)。
 これは宿泊した駅前旅館の近くにあった洋服屋さん。恐らく仕立て直しなどをするのだろうが、現役稼働中であった。
 
 ちなみに宿は駅前の「池田屋旅館」さんにお世話になった。旅館名入りのタオルを頂いたのだが、最近は名の入っていないタオルや手ぬぐいが多く、これは地域資料になる(そして地域の学芸員は地域の旅館に泊まる機会が無い)ので、使わずに士別市立博物館の資料として収蔵してきた。
 
Photo_12
 懇親会場裏手に士別軌道バスの車庫があった。ここにいたのが、前から士別に行ったらぜひ見たいと思ってた、道内の現役モノコック型路線バスとしては最古と言われる、日野K-RC301Pである。夜に突然目の前に現れたので写真が最悪の状態だが、見る事ができて良かった。折しも旧塗装に復元されており、なかなか立派である。
 なにせ現役の路線バスなので、ぜひ次回は乗車したいと思う。これも地域資料としての価値が高いので、毎年9月20日の「バスの日」に士別市立博物館で貸し切って、普及事業に協力してもらったら良いのではないか。
 
Photo_13
 という訳で有意義な総会・研修会であった。
 浦幌から士別へは、根室本線で富良野、富良野線で旭川、宗谷本線で士別というルートをとる。写真は乗車券で、往復とも途中で2箇所ほど下車印を押したのだが、予期していなかった事に、復路の乗車券は浦幌で回収されてしまった。
 
 浦幌は16時以降は無人駅になるため、最終列車で着くとワンマン運転の運転士に乗車券を渡す。したがって、駅員がいる時間帯は券面に無効印を押印して切符をもらう事が出来るのだが、ワンマン運転では無効印を押印できないため、回収せざるを得ないのだそうである。
 これは・・・今後なにか対応策を練らねば、切符を収集できないなあと、最後にちょっと悩んだ事であった。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

沼を巡って魚類調査

1

 ウチダザリガニ講座の翌日、美幌博物館の町田学芸員がフナを採集したいとの事だったので、共に魚類調査のため、町内と近隣の沼を巡った。折しも先日の大雨が嘘のような秋晴れ(本当にウソだったら行事が全て順調だったのだが)で、サワギキョウ咲く秋の水辺が美しく心地よい。
 
 
2_2
 本当は浦幌へ来てまっさきに沼の水草調査をしたかったのだが、今年は来たばかりで事務処理などに時間をとられているうちにどんどん季節が過ぎてしまった。胴長を来たのはヤチボウズ大解剖以来という情けない状況だが、久しぶりに沼へ入るとやはり心地よい。
 町田君に網を借りて魚類採集を試みる。いくつか私でも採集できたが、さすがプロはその間に次々とサンプルを採集しており、当然だが練達は重要だなと思った。
 
 
3_2
 豊北の海岸草原で採集した魚類を処理しているところ。町田君自作の観察用水槽に移してひとつずつ種類を教わる。いくつかを…
 
 
4_2
 カワガレイ。「左ヒラメに右カレイ」の大原則を破る変わり者なのだそうだ。よく見るとなかなか愛嬌のある表情をしており、可愛らしい。
 
 
5
 フナ。久しぶりに見た。中学生高校生くらいまでは、地元横浜の沼や川へ釣りに行く事がよくあり、その時は目にする事も多かったが、自分で採ったのはその時以来ではないかと思う。
 
 
6
 ジュズカケハゼ。
 
 
7
 ヌマチチブ。
 
 
8
 最後にタヌキモ2種。水草は採集しないつもりだったが、結局最後の沼でいくつか採集してしまった。1種採集すると止まらなくなってしまうのはいつもの事で、困ったものである。採集した時は気づかなかったが、2種類のタヌキモが混ざっていた。
 
 浦幌は基本的なフロラ・ファウナがきちんとした記録になっておらず、今後の博物館活動において基本的な仕事となる予定である。なかでも水生生物については私は全くの素人だが、今回、町田学芸員からいろいろと教えて頂き、勉強になった。今後は自分でも網を調達して、魚類調査と標本製作を試みたい。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

ウチダザリガニって、どんなザリガニ?

Photo

 
 浦幌町立博物館では、9月20日(日)、博物館講座「ウチダザリガニって、どんなザリガニ?」を開催した。講師として美幌博物館から町田善康学芸員をお招きし、ウチダザリガニの生態、見分け方、雌雄判別、計測法、生態系への影響などなど、さまざまな事をわかりやすく解説いただいた。
 
 
2
 
 持参した標本を用いて雌雄の判別やニホンザリガニとの識別ポイントなどを解説。私もザリガニの標本を作りたくて、標本処理方法などをいろいろ教えてもらった。
 
 
3
 
 本当ならば、講演の後に浦幌川へ行って、現地でウチダザリガニを観察する予定であった。しかし、前日の大雨で川が増水しており、いつもの駆除用のカゴを設置しておく事はおろか、川岸に降りる事ができないため、中止とした。
 
 講演終了後、ウチダザリガニの捕獲調査をしている浦幌の自然を楽しむ会のメンバーと共に、町内の小河川を講師に見てもらう。
 
 
4
 
 捕獲されたウチダザリガニ。アメマス、フクドジョウ、ヤツメも入っている。こうやって、詳しい人に現地で捕獲方法や処理法などを直接教えてもらうのは、とても勉強になり、また楽しい。
 
 天候で現地観察できなかったのも残念だが、けっこう広報した割には参加者が12名くらいしかおらず、遠路はるばる足を運んでもらった町田学芸員には申し訳なかった。まあ、人数が少ない分、講師と参加者の距離が縮まって気軽に質問などができたのは良かったのだが…
 
 札幌や帯広とは異なるので、50人とか参加者を呼ぶのは難しいし、人口比で言えば12名の参加というのは少なくないのかもしれないけれども、やはりもう少しなんとかしたいもの。もっと戦略的な広報の工夫が必要かもしれない。
 今回、町外からの参加者をもっと見込んでいたのだけれど、実際、池田町、釧路市、網走市からの参加を頂き、感謝であった。あとは町内で、テーマ的に興味を持ちづらいものなのかなあとも思ったが、逆に迎合的に関心の高いものばかり開催しても意味が無い。外来種の問題は、地域の生態系保全に関する普及啓蒙の役割があるので今後も積極的に採り上げていきたいと考えており、この辺は他館の取り組み事例を集めたいと思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

アイヌ文化と浦幌式土器を学ぶ一日

Photo

 
 NPO法人トカプチアイヌ協会と帯広市教育委員会文化課の主催で「アイヌの知恵に学ぶ(植物編)」を開催。上士幌町の東泉園へ行って、薬草として用いられる植物の観察をする、予定だったが、折からの雨が強く、大半は座学になった。せっかく参加された方々には申し訳なく、また私も残念。『新北海道の花』を2人に1冊ずつあたるように用意したのだが、けっきょく座学で数頁みただけで、大して使わずに終わった…。
 
 写真は東泉園内に設置されたヌサ場について説明を聞く参加者。まあ、この場所を知ってもらう事に今回は意義があった、という事にしておこうか。
 
 
Photo_2
 
 午後は帯広百年記念館の博物館講座で、山原学芸員(同館副館長)による石刃鏃文化に関する講演を聞く。実は浦幌町立博物館に収蔵されている考古資料には、この石刃鏃文化が北海道に存在する事を初めて証明した重要な資料が収蔵・展示されている。のだが、私自身はその事の意義や内容をよく理解していない。
 今回の講演でも、石刃鏃とは何か?浦幌式土器など、当町の資料に関連して知っておくべき事柄が続出したので、とても勉強になりました。
 
 浦幌の博物館は、考古資料と化石が多い。博物館資料の分野で私が苦手なのも考古資料と化石なので、考えてみると得意分野と全く反対な資料が多い博物館へ来てしまったのだが、(植物や鉄道でいまさら聞けない質問があるのに対して。ま、最終的にはそれも聞くんだけど)基本的な考古学の素養が無い分、素朴に疑問に思う事を単純に聞けるのはかえって有難いかもしれない。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

十勝川のタンチョウ

2

 夕焼け空にときどき不気味な稲光が混ざる。そんな空模様の下、十勝川の豊頃大橋のすぐ脇で、タンチョウの親子が盛んに鳴き声を上げていた。
 
 
Photo
 今日は休日返上での聞き取り調査で疲れたが、帰りに良いものを見れて良かった。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月11日 (金)

東泉園へ下見

Photo

 7日(月)に、行事の下見で上士幌町の東泉園へ行った。森では、ネムロブシダマが赤く美しい果実を実らせて輝いていた。
 
 
Photo_2
 大きなトモエソウの花と果実。
 
 
Photo_3
 美しく少し不気味なエゾトリカブト。
 
 
Photo_4
 帰りしな、声をかけようと思ったが古老の姿は見えなかった。
さきほどまでコンテナに座って、イナウか何かでも作っていたのか、近くには白いヤナギの皮が散らばっていた。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

中士幌郵便局の局舎

Photo

 月曜日、上士幌町へ所用の帰りに通りがかった中士幌郵便局。実は数年前に帯広百年記念館の公募写真展に、この局舎の写真を出した。
 

 昭和40年代には一般的だった広三角形屋根に、局名書体は郵政フォント。防犯・採光を兼ねた大窓。前には郵便収集箱1号丸型という、昭和中・後期の標準的な特定郵便局の姿だったが、このたび後ろに新局舎が建てられ、間もなく務めを終える。来月には現局舎を取り壊し、新局舎の駐車場スペースにすると言う。

 

 記録として残るし、写真だけでも展示しといて良かったと思う。やはり日頃から周囲の建物に目を配っておく事は大事だ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

9月の豊北植物観察会

Photo

 アキアジ釣りの人々で賑わう豊北海岸。これは広尾方面を見たところ。
 
 
Photo_2
 こちらは釧路方面を見たところ。昨日は雨がひどかったが、今朝はカラリと晴れて、空が雲が美しく気持ち良い。だが、今日はアキアジ釣りに来た訳ではない。
 
 
Photo_3
 浦幌町立博物館では、毎月1回(基本的には第1土曜日)に、豊北海岸自然観察会という名の植物調査会を開催している。今年から私が始めた。
 参加者全員で豊北海岸の草原を歩きながら植物を探し、フェノロジーを記録していくものである。
 
 
Photo_4
 ガンコウラン結実。調査では結実は「Fr」という記号で記録している。
 
 
Photo_5
 コケモモ結実(Fr)。
 
 
Photo_6
 ハマナス結実(Fr)。
 
 
Photo_7
 ハマナスはしぶとくもまだわずかに花も残っていた。これは豊北海岸名物の白いハマナス。一応、シロバナハマナスRosa rugosa Thunb.  f. alba (Ware) Rehderという品種名もあるらしい。
 開花は「Fl」と記録するが、大体は果実期に入っているので「Fl-Fr」という形で記録している。
 
 
Photo_8
 エゾフウロとナミキソウ。共に蕾から果実まで確認されたので、「Fb(蕾)-Fr」と記録。
 
 
Photo_9
 チシマセンブリ(Fb-Fl)。
 
 
Photo_10
 ヤナギタンポポ(Fl-Fr)。
 
 
Photo_11
 砂浜にはハマニガナ(Fb-Fr)。
 
 他にも、ミヤマアキノキリンソウやエゾリンドウ、カセンソウ、ヤマハハコなど、夏の終わりから秋を感じる植物たちが花を咲かせている。海岸草原に本格的な秋が訪れる。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

旭川教育大で集中講義

06

 8月31日から9月3日までの4日間は、北海道教育大学旭川校での「博物館情報・メディア論」集中講義へ行く。毎年担当しているもので、今年で4年目、浦幌町立博物館勤務となってからは初めて。非常勤講師として、月曜日の休館日と3日間の夏季休暇をフルに利用しての、「職務専念義務免除及び営利企業等従事制限解除」の許可を得ての出張である。
 学芸員資格課程の講義を現職の学芸員が担当するのは一般的な事であり、また教育上必要な事でもあって、「職務」の範囲に入るように個人的には思うのだが、そういう扱いになっている。役所の世界はよくわからないものだと思う。
 
 
14
 今年も、博物館情報・メディアの活用事例を知る為に、三浦綾子記念文学館へ行く。あいにくの雨で、学生達も土砂降りの中を現地集合になり、なんだか申し訳なかった。
 
 
28
 雨の中に静かに佇む文学館。雨の見本林と文学館も、来てみるとそれはそれで良い雰囲気である。
 
 
19
 今年は、「文学案内人」というボランティアの近藤さんが、展示解説をして下さった。学生達の多くが三浦文学をまだ読んだことの無く、これをきっかけに1冊でも手にとってもらいたい。
 まずは普通に展示を見学し、その後、メディア論の視点であらためて全体を観覧するように指示。学生達は近藤さんの話にも、その後の見学にも、非常に熱心に取り組んでいた。
 昨年もそうだったが、館内の閲覧コーナーで作品を熱心に手に取る学生の姿、食い入るように展示に引き込まれているような学生が今年もいる。彼らへの博物館の影響力を想像すると、頼もしく感じる。
 
 
29
 毎年、附属図書館の司書さんに協力をお願いしている文献ガイダンスは、昨年まで3年間担当して頂いた涌井さんが札幌校へ移られ、今年から長尾さんに御指導頂いた。博物館の世界がひとつの目標としている図書館の世界(と私は考えている)。まずは触れてみて使ってみて、図書館データベースを通じて博物館に必要な「情報」のあり方を考えてもらえればと思っている。
 
 今年もいろいろと面白い学生がいて、4日間はあっという間に過ぎた。もっと彼らといろいろと話したいような気持ちを残しつつ、日程を終えて帰る。できれば今後も学芸員や博物館の世界を通じて、再び会いたいものである。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »