« 入間市博物館へ出張 | トップページ | 旭川教育大で集中講義 »

2015年8月31日 (月)

音別で林業講座

Photo_8

  8月31日は、釧路市立博物館主催による「林業講座」へ参加。
 この講座、舞台となる場所は釧路市音別町尺別にある「かたばみ興業」さんの森。つまり、浦幌の隣町である。日頃あまり意識される事は無いが、旧白糠郡音別町は現在釧路市音別町となっており、実は浦幌と釧路は隣町同士なのである。
 という訳で、音別の林業現場が見られるのならば、ぜひ一度参加したいと思っていた。今回の講座の主担当は釧路市立博物館の石川学芸員(産業担当)と妻(植物担当)であり、私も何かお手伝いできる事があれば、という事で、半分スタッフ的な形で参加させて頂いた。
 写真は開催の挨拶をする、かたばみ興業尺別営業所の杉山所長(右端の男性)と、スタッフの皆さん。この地で林業に関わる、たくさんの会社や官庁の方によって林業講座は支えられているという事に、まず驚く。
 
 
 Photo_15
 最初は植林体験。苗木の移植方法について、レクチャーを受ける。
今回の苗木はクリーンラーチ。すなわち、北海道立林業試験場が開発したグイマツとカラマツを掛け合わせた品種で、二酸化炭素の固定能力が非常に高い品種だそうだ。
 ちなみにグイマツ、恥ずかしながら私はまだカラマツとの識別ができない。
 
 
Photo_25
 あらかじめ指定された場所へ植林。もう、この講座は何年も続けられていて、かつての参加者が植えた苗が活着しており、毎年参加する事でその変化を感じる事もできる。
 もっとも、この講座の主眼は植林体験ではなく、「50年先を目標に木を育てる」という林業という産業の実際を、目と手で体験する事にあると言う。
 
 
Photo_35
 では、重視されている体験は何かと言うと、こちら「枝打ち」。「トドマツの枝打ち体験記念」という、いかにも手作りな看板と共に説明に立つのは、釧路市立博物館の産業担当である石川孝織学芸員。炭鉱史の専門というイメージがあるが、「産業」の担当として、林業という、非常に長いスパンで将来を見据えて「木を育てる」産業の実際を多くの人に知ってもらいたいと企画しているものだそうだ。
 この区画の反対側には、まだ枝打ちがされていない林がある。代代の講座参加者によって枝打ちがされている林と、枝打ちをしていない林を比べて見る事ができる。
 
 
Photo_38
 そして参加者は実際にヘルメットを被り、ノコを片手に林の中へ。プロの林業技術者のレクチャーを受けながら、「枝打ち」を体験する。単に枝打ちと言っても、下手な切り方をすると、樹皮を傷つけたり、節が抜けてしまったりと、のちのち製品にした時に質が低下してしまうのだそうである。
 したがって、参加者はレクチャーを受けながら真剣に下枝を落としていく。また、プロの人達によるチェーンソーによる伐採なども見学。真剣で鮮やかな仕事ぶりに感銘を受ける。
 
 
Photo_41
 こちらは炎天下での下草刈りの様子を見学。下草刈りの必要性、方法、苦労などについて、所長から丁寧な説明がある。
 また、この場所ではエゾシカ対策ネットについても説明があった。その導入までの経緯、費用、管理の苦労など、現場の話に皆、真剣に耳を傾ける。
 
Photo_78
 これは野ネズミに根元を囓られたカラマツ。林業にとってネズミの害がいかに深刻な影響を及ぼすのか、現在はネズミ対策としてどのような方法をとっているのかなどについても解説がある。
 
 
Photo_44
 数十年に及ぶさまざまな苦労を経て成熟したカラマツの「登録林分」を見学。この林分で育ったカラマツは、特に「地産地材」すなわち、釧路の材木を使い釧路の業者さんによって建築される建物などに用いられるのだと言う。
 
 
Photo_95
 この登録林分がとにかく美しい。
人工林の美しさというものは、確かにあるんだなあと実感した。
 
Photo_116
その他にも各種体験や見学が。
これは道具を使って、木の高さを測る体験。
 
 
Photo_134  
 林道を歩きながら、さまざまな木の種類と、材としての利用についての解説を聞く見学。私達が日頃行なう、自然誌的な森林観察とはまた異なる面白さがある。
 写真はホオノキを観察しているところ。
 
 
Photo_140
 単なる植林体験や見学に終わらず、「50年間同じ作業を繰り返す」仕事である林業という産業と向き合う講座。
 見学や体験が終わると、車座座談会と言って、林業関係者と参加者を10人くらいのグループに分けて、意見交換などをする場もあり、現場の苦労や参加者の思いなどを率直に交わす事ができて、これも意義深かった。
 
 林業講座、なかなか奥深い。隣町、音別で林業を営む人達と直にふれあい、またその現場を見せてもらえた事は、私にとって大きな経験になった。
 浦幌にも施業している林業会社があるので、同様の講座をやってみたいと思うが、逆に隣町である点を活かして、むしろ今後は浦幌からも参加者を募って、かたばみ興業さんの森を見に行くというのも良いかもしれない。代わりに浦幌では、他の産業の見学行事を企画して、お互いの町の参加者が往き来できるようになれば面白い。
 終わった後もいろいろと考える事ができ、意義深い1日だった。
 
 なお、この行事の参加者輸送バスは釧路市立博物館発、釧路市立博物館着だが、音別からの参加者の便をはかり、途中での乗降も可能だった。私は翌日から北海道教育大学旭川校での集中講義指導が入っているため、今夜中に旭川へ移動する必要があり、白糠駅入り口でバスを降りた。
 
 白糠から特急で新得へ。新得から快速狩勝で旭川へ移動。
 
 

|

« 入間市博物館へ出張 | トップページ | 旭川教育大で集中講義 »

博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/62199055

この記事へのトラックバック一覧です: 音別で林業講座:

« 入間市博物館へ出張 | トップページ | 旭川教育大で集中講義 »