« 『環オホーツクの環境と歴史』第4号が発刊 | トップページ | 本別で原爆展・空襲展をみる »

2015年7月24日 (金)

尺別往復を続けられる愉しみ

Photo

 

 浦幌へ越してきて良かった事のひとつに、休日に一日中上厚内駅周辺でボーッとしたり、夕方からフラリと汽車に乗り込んで尺別往復したりとかが気軽にできることがある。これって、人にもよるが、相当な贅沢だと思う。

 という事で昨晩も浦幌19時26分発の2531D〜尺別20時28分発の2532Dで往復。2531Dが先に尺別へ着き、2532Dと交換するのである(ちなみに春のダイヤ改正までは直別で交換していた)。尺別は昨晩も濃い霧の中であった。

 

 
Photo_2
 
 往路の2531Dは、浦幌で大量に下車があり、厚内で高校生が下車。しかし、その他にも旅行者がボックスの1/3ほど乗っていた。青春18きっぷの有効期間になった効果だろう。
 帰路の2532Dも私以外に1名が乗っていた。
 
 

|

« 『環オホーツクの環境と歴史』第4号が発刊 | トップページ | 本別で原爆展・空襲展をみる »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/61946220

この記事へのトラックバック一覧です: 尺別往復を続けられる愉しみ:

« 『環オホーツクの環境と歴史』第4号が発刊 | トップページ | 本別で原爆展・空襲展をみる »