« 探鳥会に山菜料理教室 | トップページ | 「なつかしの昭和生活展」開催中 »

2015年5月11日 (月)

夜学講座「学芸員のしごとってなに?」のお知らせ

04

 これから開催する博物館講座のお知らせ(宣伝)です。
 
 5月20日(水)、浦幌町立博物館へ来て初めての自分の博物館講座を開催する事にした。中央公民館と共催の「うらほろスタイル・ゼミナール」で、演題は「学芸員のしごとってなに?」。自己紹介を兼ねた講座として、まずは学芸員って毎日どんな仕事をしているのか?なんの為に必要なのか?をお話する。
 
 と言っても、まだ浦幌へ来てからは専門職らしい仕事をほとんど何もしていないので、内容的には北海道大学総合博物館、小樽市総合博物館、帯広百年記念館時代に経験してきた仕事の紹介が前半の中心。後半は、自分だけでなく一般に学芸員とはどんな仕事なのか?を全国の動向などを踏まえて紹介する予定。写真は帯広百年記念館で昨年8月に担当した博物館講座「東十勝の鉄道史と鉄道遺産」の様子。
 
 私が学芸員を志すきっかけのひとつが、自分が高卒で就職した時に受講した博物館の夜学講座であった。労働者や主婦など、日中は仕事をしながらでも興味のある事について学べる、そんな機会を作っている博物館に感銘を受けたものだ。
 
 なので、自分の最初の講座も夜学講座にした。お仕事が終わってから、三々五々お集まり頂ければ幸いです。
 
 5月20日(水)の18時30分から20時を予定。場所は浦幌町中央公民館の2階。公民館は博物館のすぐ近くにある。参加申し込み不要なので、お気軽に。
 
 
 

|

« 探鳥会に山菜料理教室 | トップページ | 「なつかしの昭和生活展」開催中 »

浦幌町立博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/61572472

この記事へのトラックバック一覧です: 夜学講座「学芸員のしごとってなに?」のお知らせ:

« 探鳥会に山菜料理教室 | トップページ | 「なつかしの昭和生活展」開催中 »