« バス停までの地図と時刻表を試作してみた | トップページ | 寄贈資料の振り分けを判断する »

2014年10月18日 (土)

今年も十勝鉄道の保存車を公開します

Photo

 帯広市教育委員会文化課と帯広百年記念館では、10月19日(日)10-15時の間、市指定文化財である元十勝鉄道の蒸気機関車4号と 木造客車コハ23号の車内公開を実施します。10月20日が「近代化 遺産の日」である事にちなむ「近代化遺産一斉公開」の一環で 実施いたします。

 
 4号機関車は日本甜菜製糖株式会社の前身である北海道製糖が、 1920(大正9)年に農地から工場まで原料のビートを輸送する為に 敷設した専用鉄道の機関車として製造・配備されました。 製造は名古屋市の日本車輌製造で、軌間762mm、整備重量12tの C型タンク式蒸気機関車です。
 
 客車コハ23号は、十勝清水に存在した河西鉄道(後に十勝鉄道へ 吸収合併される)の車輌として、1926(大正15)年に製造・配備 され、1951(昭和26)年の同鉄道廃止により帯広市の十勝鉄道へ 転属してきました。
 
 どちらも1959(昭和34)年の旅客営業全廃を機に引退し、帯広市 へ寄贈され、4回の保存場所移転を経て、元十勝鉄道軌道跡の 現在地へ落ち着きました。 今回、日頃は施錠している客車内へ立ち入れる他、機関車の運転台を覗く 事もできます。客車内で十勝鉄道のミニ写真展も開催します。
 
 場所は帯広駅南口より徒歩約20分の通称「とてっぽ通り」で、 北海道ホテルやイオン帯広店が目印になります。
  駐車場はありません。路線バスだと十勝バスの3,21,28,29,60,70,73,79系統の「イオン帯広店前」で降りると徒歩すぐです。詳しい場所は下記の帯広市のページを、十勝バスの時刻は十勝バスのホームページをご覧ください。
http://www.tokachibus.jp (十勝バス) 
 
 申し込み不要。参加費無料。
 お近くの方はぜひお立ち寄り下さい。
 
 
 

|

« バス停までの地図と時刻表を試作してみた | トップページ | 寄贈資料の振り分けを判断する »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/60502335

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も十勝鉄道の保存車を公開します:

« バス停までの地図と時刻表を試作してみた | トップページ | 寄贈資料の振り分けを判断する »