« 植物講座で栗山町へ行く | トップページ | 9.13雇用を語ろう!大集会が札幌で開催 »

2014年9月 9日 (火)

水田雑草が楽しい

Photo

 
 栗山町ハサンベツ地区の水田で久しぶりに見たミゾハコベ(左の小さいやつ)とアゼナ(右の赤い実のやつ)。ミゾハコベはちょうど小さな赤い花が咲いていて、顕微鏡でみんなに見せたかったのだが、お見せできるタイミングが無く非常に残念だった。
 
 帯広でもミゾハコベはときどき見る事があったが、最近見ていない気がする。帯広市立森の里小学校に作られたビオトープの底に、ミズハコベと共に2年前くらいは見たのだが、最近は見ない。やはり水田のように定期的に水が抜けないといなくなるのだろうか?
 
 今も見るのは札内川。主要河道から外れて半分水たまり状になっている浅い水辺に生えているのを見る事がある。やはりミズハコベと一緒に生えているのがおもしろい。
 
 
Photo_2
 
 オモダカも花盛り。アギナシもあるらしいが、私が見た個体はどれもオモダカだった。他にもヘラオモダカやサジオモダカが花から実になる時期だった。ミクリは既に実がバラバラに落ちていた。
 
 水田雑草は見ていて楽しい。特に水を落としてからの水田には「秋植物」などと呼ばれる水田雑草群落が形成され、独特の植物相になる。十勝にいると水田を見ないので、こうして水田地帯に行くと田んぼ巡りをしてしまう。
 
 

|

« 植物講座で栗山町へ行く | トップページ | 9.13雇用を語ろう!大集会が札幌で開催 »

自然史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/60291804

この記事へのトラックバック一覧です: 水田雑草が楽しい:

« 植物講座で栗山町へ行く | トップページ | 9.13雇用を語ろう!大集会が札幌で開催 »