« このサイトの位置づけ・方向性について | トップページ | バスに乗れない役人たち »

2014年9月26日 (金)

洞爺丸台風から60年

Photo

 
 本日9月26日は、青函連絡船洞爺丸が座礁・転覆し日本海難史上もっとも大きな被害を出したと言われる台風被害から、ちょうど60年目の日である。いまから10日ほど前の9月17日、ちょうど自動車で道南方面へ行っていた際に、函館まで足を伸ばし、慰霊碑へ立ち寄ってきた。
 
 
Photo_2
 
 函館の七重浜という所に建つ慰霊碑。この碑の正式名は「颱風海難者慰霊之碑」で、昭和29(1954)年9月26日の十五号台風で被害に遭った5隻の青函連絡船被災者の慰霊のため、昭和30(1955)年8月に建てられた。
 
 まだ事故のあった日からは10日ほど早いが、既に多くの花が献げられている。
 
 
2  
 
 「洞爺丸台風」と呼ばれる事が多いが、この時に被害にあったのは洞爺丸だけではなく、日高丸、十勝丸、北見丸、第十一青函丸も被災していた。旅客の乗っていない貨物便や湾内錨泊中船舶の乗組員捜索は後回しとなり、遅い船では事故から10日後の捜索だったと言う。
 
 この慰霊は洞爺丸が座礁した七重浜に建つ。以前から気になっていたのだが、列車で函館へ行く際には時間が無く訪れた事がなかった。今回は自動車で来たので、この慰霊碑や北海道大学水産学部の水産科学館を訪ねる事ができた。
 
 
Photo_3  
 
 ちなみに、慰霊碑へ行く前に立ち寄った北海道大学函館キャンパス(水産学部)構内に建つ水産科学館。札幌キャンパスに建つ北海道大学総合博物館の分館である。かつて私が製作した図録が、玄関で今も配付されていて嬉しい。
 
 
 

|

« このサイトの位置づけ・方向性について | トップページ | バスに乗れない役人たち »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/60379182

この記事へのトラックバック一覧です: 洞爺丸台風から60年:

« このサイトの位置づけ・方向性について | トップページ | バスに乗れない役人たち »