« 新得町でソバの花を観察 | トップページ | 旭川へ集中講義の指導に行く »

2014年8月31日 (日)

「植物の名前しらべ:タデ科編」を開催

2_2

 
 8月30-31日の2日間、植物の名前しらべ:タデ科編という博物館講座を開催した。タデ科植物を材料に、植物の同定方法を習得しようという、パラタクソノミスト養成講座である(植物初級相当)。普及的な講座から一歩進んで少し踏み込んだ内容の講座で、検索表や顕微鏡を使い、花を解剖するという、室内作業中心の2日間。参加者はさぞ疲れた事と思う。
 
 
Photo_2
 
 初日の講義。
 
 
Photo_3
 
 野外観察。
 
 
Photo_4
 
 花を解剖しながら体のつくりと用語を学習。
 
 
Photo_5
 
 検鏡。 
 
 
Photo_7
 
 検索表の使い方を練習し、同定作業。
 
 
Photo_8
 
 標本の扱い方。
 
 
Photo_9
 
 今回、参加者の中に音更町で藍染めをされている方がおられ、御自身でも藍を栽培されているとの事で、御持参いただいた。説明を聞いた後、藍も解剖・観察をしてみた。
 
 
Photo_10
 
 集合写真。パタタクソノミスト養成講座(植物初級)の証書を手渡す。2日間みっちりで疲れたに違いなく、植物嫌いにならない事を願うばかり。しかし楽しい2日間だったなあと思う。
 
 

|

« 新得町でソバの花を観察 | トップページ | 旭川へ集中講義の指導に行く »

自然史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/60246286

この記事へのトラックバック一覧です: 「植物の名前しらべ:タデ科編」を開催:

« 新得町でソバの花を観察 | トップページ | 旭川へ集中講義の指導に行く »