« 今日読んだ論文 | トップページ | コピーできるようになります »

2014年8月 6日 (水)

滝川駅前のたこ焼き屋「たこ丸」にて

Photo

 
 先日、10年ぶりくらいで滝川駅へ降りた。かつての印象で降り立った私には、駅前のさびれようが驚愕であった。
 
 記憶では確か小さな‘たこ焼き屋’があったなあと思い駅前から歩き出すと、果たして「たこ丸」は営業を続けていた。
 
〔駅前がとても寂しくなった〕もうアカンですわ。駅も町も無くなるんちゃうかと思いますね」
 
「10年前だったらまだ西友があったでしょ。西友が出てから、そらもう中のモンは皆出て行ってしまって、今はもう何も入ってへん」
 
「あの頃、旭川とかみたいにJRA(場外馬券場)入れるとか、いろいろ話があったんですよ。でも治安が悪くなるとか何とか反対もあって。結局何もかも話は立ち消えになって結果こうですわ。もう今さら何も出来んとちゃうかなあ」
 
「駅前商店街はね、アーケードの使用料やら組合費やら、それに家賃。けっこうかかるんですわ。地主さん達は昔の感覚のまま。良い時代の感覚のままなんで、賃料がたこうて。今の時代、うんと安うしてボンボン店入れなアカンのに、居着きまへんわ、こんなんじゃ」
 
「こういう商店街は税制面で押さえられとるんで、特になーんにもせずに、ただ昔のまんま空き店舗維持しているだけでも、地主さんは痛くないんでしょ。だから、なーんも変わろうとしない。古いまんま、ボロボロのまんま、放ったらかしですわ。しょーないわ、もう」
 
 
Photo_2  
 
「僕は、もともと大阪でサラリーマンやったんですわ。医療系の。もう、給料もらうのも払うのも嫌になって、こっち来て始めたんですわ」
 
〔どこでたこ焼きは修行したの?〕修行?いや、なんも、大阪の人はみんなたこ焼き焼けるんで、特になんもしとらんです。ま、本当は大阪にもたこ焼き出来ない人おりますけどね。でも大体こんなんくらいやったら、皆できますんで」
 
「親がこっちの人でね。親の体の都合とかで、私らもこっち来たんです。もう15年前くらい」
 
〔「たこ焼き部」の部員募集の張り紙があるけど〕ここ高校生の溜まり場なんですわ。その子たちが代々ここを拠点に活動していて、毎年部長選んで〔ポスターには歴代の部長の名が記されている〕
 
「僕らの世代くらいが最後ちゃいますか?学校帰りに喫茶店やらこんな店やらに溜まり場もっていたの。今はファミレスとかなんとかありますけど、ブースが別れていて、お互いのグループ決まっていて、その垣根を越えた溜まり場ってないでしょ。うちはこんなんだから、もう店の中の子はどの学校の子もみんな仲間になっちゃう」
 
「ええ、同じ学校の子だけやなしにね。いろんな学校の子が来て、だんだん仲良うなっていくんですわ。それでたこ焼き部。近くの介護施設にボランティアに行ったりね。けっこう今の子もしっかりしてますよ。溜まり場があって仲間が作れて、きちんと活動できる場さえあったら、自分で何でもやっていきますよ」
 
「前ね。彼ら献血バス呼んだんですわ。あれね、1台で1日80人〔の献血を受け付けるのが〕が限界って言われてたんです。彼らそれ、1日で120人集めちゃって・・・。日本一の記録やったんですわ。それで表彰されたりして、すごいでしょ」
 
「僕はなんにもしてません。たこ焼き部言うたって、彼らがこの場にしょっちゅう溜まり場で来て、なんやだべって、賑やかになって、それでいろいろ活動してる。僕は場所を提供しているだけなんです」
 
「今は夏休みなんでガランとしてますわ。なんや蒸し暑くてかないませんわ。大阪も暑いですけど、こっちもこの頃おかしいんとちゃいますか?」
 
 私と同じ41歳。古くて狭い店内には椅子が7脚。しかし奥に小上がりらしきものも見え、学校が始まると高校生の賑やかな声が集まるのであろう。
 
 たこ焼き屋「たこ丸」。今日も疲れ切った滝川駅前商店街の一角で店を開き、暑い中、たこ焼きを焼いているはずである。
 
 
 
 

|

« 今日読んだ論文 | トップページ | コピーできるようになります »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/60111418

この記事へのトラックバック一覧です: 滝川駅前のたこ焼き屋「たこ丸」にて:

« 今日読んだ論文 | トップページ | コピーできるようになります »