« 地球鶏印の掛時計 | トップページ | 十勝国厚内海岸の実景 »

2014年3月10日 (月)

尺別鉄道とヤチボウズ

Photo

 
 釧路市立博物館の企画展「釧路炭田の炭鉱と鉄道」の関連行事である「鉄道と炭鉱の話を聞く会」。9日の尺別鉄道編に参加してきた。
 元尺別鉄道の方のお話の中で、当時尺別鉄道社員の慰安行事として開催されていた「スズラン狩り」の話があった。尺別海岸でのスズラン狩りの催しに「宝探し」があったと言う。
 
「前日に担当の社員が宝物の名を書いた紙片をヤチボウズに隠し・・・」

 え?ヤチボウズに隠すの?
 スズラン狩りや宝探し自体は北海道各地で見られる催しだが、これをヤチボウズに隠すなどというのは道東でしか出来ないだろう。かなり珍しいのではないか?と思うが、ひょっとして道東の会社とか学校では他にも広く行われていたのだろうか?

 今回、主目的の鉄道の話以外で最も驚愕した史実で、今後の詳しい調査が待たれる。今後の詳しい調査は釧路市立博物館のスゲ担当が行う、と思う。
 
 
Photo_2
 
 ちなみに、この日の午前中、今期最後の「SL冬の湿原号」が釧路駅を発っていくのを見送った。今年も乗れなかったなあ。
 
 

|

« 地球鶏印の掛時計 | トップページ | 十勝国厚内海岸の実景 »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/59272174

この記事へのトラックバック一覧です: 尺別鉄道とヤチボウズ:

« 地球鶏印の掛時計 | トップページ | 十勝国厚内海岸の実景 »