« 狩勝トンネルの工事写真 | トップページ | ドイツ積み »

2014年1月25日 (土)

根室本線の旧厚内トンネルへ行く

30

 
 現在、根室本線が浦幌を出て常豊信号場を過ぎてからくぐるトンネルは、平成に入ってから新たに付け替えられたものである。一方、1903(明治36)年の開通時から使われてきたトンネルも、まだ山中に現存する。前から気になっていたのだが、訪れた事のある方から話をお聞きしたのと、今冬は雪が少なく歩きやすいので、今日、実際にルートを確認してきた。
 
 こちらは上厚内側の入口。
 
 
71
 
 こちらは常豊信号場側の入口。いずれも、列車の窓から旧線へ続く路盤跡が見えるが、トンネルの口は見えない。
 
 5巻の迫持が付いた煉瓦づくりの立派なもので、今後、浦幌町立博物館と共に調査を行い、町の鉄道遺産として保存・活用できないか検討していきたい。
 
 
11
 
 付近の沢には砂防ダムのような構造物も残っていた。
 
 
12
 
 ここにも煉瓦が用いられている。やはり鉄道開通の頃に作られたものなのだろうか?これも今後の研究課題だ。
 
 

|

« 狩勝トンネルの工事写真 | トップページ | ドイツ積み »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/59009400

この記事へのトラックバック一覧です: 根室本線の旧厚内トンネルへ行く:

« 狩勝トンネルの工事写真 | トップページ | ドイツ積み »