« 浦幌町立博で農具展開催中 | トップページ | 「学芸員が選ぶ十勝の博物百千」はじまる »

2013年11月26日 (火)

釧路市立博物館のフロアトークを聞きに行く

Photo

 
 11月24日の日曜日の釧路市立博物館。この日、同館で始まった特別展「私の博物館・ボールペンで描く駅舎たち」の関連行事として、作者の山宮喬也さんのフロアトークが開催された。山宮氏の駅舎展は先月に帯広でも開催したが、フロアトークのような行事は開催できなかったので、この機会に御挨拶を兼ねて出席した。
 
 
2
 
 展示は1階のマンモスホール。まさしくマンモスの骨格に見守られながらの駅舎展示で、釧路管内を中心に路線別に展示されていた。路線名を示すサボがリアルなつくり。
 
 
Photo_2
 
 ボールペン画の他、収集した小物などもケースで展示されていた。これも帯広ではやらなかったなあ。
 
 
Photo_3
 
 始まったフロアトークで語る山宮さん。右は奥様。左端は本展を企画・担当された戸田学芸員。子供からお年寄りまで、幅広い年齢層の方が話に耳を傾けていた。
 
 
Photo_4
 
 山宮さんは最初、駅舎のある駅だけを描いていた。それを北見で展示したところ、会場へ来た子供が「僕んちの駅が無い」と不満そうに言うのを目にして、心を痛めたと言う。
 
 「考えてみれば、駅舎があろうと無かろうと、短いホームしか無く、ほとんど列車の停まらない秘境駅と言われる駅であっても、その町で生まれ育った人にとっては、帰ってきて最初に降り立つ大切な故郷(ふるさと)の駅な訳です。それ以来、私は駅舎の無い駅も含め、全ての駅を描こうと決めました」
 
 そして山宮氏はそれを完璧に実行する。当時、北海道で営業していた、貨物駅を除くJR全駅を描ききったのである。あのとき「僕んちの駅が無い」と言った子供に「今度はきっと駅舎の無い駅も全部描くからね」と約束した事を、なんとか果たす事ができたと言う、その安堵の表情に、作者の強い意志を感じる。
 
 
Photo_6
 
 駅舎の無い駅も、その町の人にとってみれば大切な故郷の駅である。この事は、ボールペン画に限らず、まさしく今のJRに考えて欲しい原点だとも言えると思う。北海道の鉄道は、特急列車の高速化や札幌駅のような大型商業施設の併設、ICカードの導入、そして北海道新幹線など、都市と高速化の方向ばかりが重視されている気がしてならない。
 その陰で、民営化以後、駅員もいなくなり、駅や廃車となった貨車の転用でストーブも無く、夕方もかなり真っ暗にならなければ電灯もつかないような無人駅が大量に存在する。そして、特に冬場の北海道では、特急列車の遅れの影響で、いつ来るかもわからぬ普通列車を、ストーブも無い無人駅で寒さに震えながらじっと待つ人がいる。そうした経験ばかり重ねてきた人達が、果たして鉄道に信頼を寄せるだろうか?
 
 今こそ駅とは何か?鉄道事業として本当に眼を向けなければならない事は何か?を、鉄道事業者としてこの「駅舎も無い駅」から考えて欲しいと思う。
 
 
Photo_7
 
 会場となった釧路市立博物館。春採湖畔の高台である「春湖台」に建つ。
 
 
Photo_8
 
 フロアトークは11時からだったので、その前に10時からカトリック釧路教会のミサに出させてもらった。カトリックの暦では「信仰年」と定められた一年の最後のミサになる。
 
 
C58
 
 釧路教会の向かいの公園には、C58が保存されていた。釧路港への臨港貨物線の跡地なので、恐らくゆかりの機関車なのだろう。小春日和の柔らかい日差しの下で、若い夫婦がベンチで機関車を眺めながら楽しそうに話し込んでいた。
 
 
 

|

« 浦幌町立博で農具展開催中 | トップページ | 「学芸員が選ぶ十勝の博物百千」はじまる »

博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/58649193

この記事へのトラックバック一覧です: 釧路市立博物館のフロアトークを聞きに行く:

« 浦幌町立博で農具展開催中 | トップページ | 「学芸員が選ぶ十勝の博物百千」はじまる »