« 北海道地理学会の巡検を案内する | トップページ | 夕張で鹿ノ谷ゼミナール »

2013年10月30日 (水)

北見・美幌・女満別へ

Photo

 
 27日で終了した「北海道の駅舎」展のボールペン原画を返却しに、北見の山宮さん宅を訪れる。幸い、展示をご観覧いただいた山宮さんからも良い感想をいただき、山宮さんお薦めのラーメン屋で一緒に昼食を摂った。次は釧路市立博物館で展示が始まる予定。ラーメン屋さんで別れ、北見駅のはずれからタマネギ輸送貨物列車を眺めてから美幌へ移動する。DD51が貨車の両端に連結されているプッシュプル運転も、来年以降はどうなるのかわからない。
 
 
Photo_2
 
 美幌町では、春にエゾヒメアマナの調査をした美富地区で、自生地の図面製作用に補足調査をする。美幌博物館から巻き尺をお借りし、学芸員補の平林さんに調査を手伝ってもらう。調査の後は博物館へ戻ったり、役場や土地管理者を回って資料収集をする。
 
 
Photo_3
 
 最後に標本を見せてもらい、自生地の環境などについて学芸員の鬼丸さんから話を聞く。また、やはり学芸員の町田さんが、調査地の明治時代から今日までの5万分の1地形図と航空写真を探し出してくれたので、それらを調べ、複写する。
 
 という訳で、急な訪問にも関わらず、皆さん本当にありがとうございました。夜は大空町女満別へ移動して宿泊。学生時代に毎月のように通った女満別も、こうして泊まるのは数年ぶりだが、宿でも仕事の続きがあるのでゆっくりできないのが残念。
 
 

|

« 北海道地理学会の巡検を案内する | トップページ | 夕張で鹿ノ谷ゼミナール »

博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/58485910

この記事へのトラックバック一覧です: 北見・美幌・女満別へ:

« 北海道地理学会の巡検を案内する | トップページ | 夕張で鹿ノ谷ゼミナール »