« 道東3管内博物館協議会研修にて | トップページ | 北見・美幌・女満別へ »

2013年10月27日 (日)

北海道地理学会の巡検を案内する

1

 
 今日は札幌から北海道地理学会の巡検がやって来て、帯広の農業を御案内した。当館の見学の後、稲田のビート資料館を見学。清水館長(右端)が丁寧で熱のある展示解説をして下さり、参加者も興味津々だった。ここでビートと製糖産業の基礎を学んだ後、農場へ移って農業者の話を聞く時間を持った。
 
 
Photo_13
 
 続いて富士地区にある前多さんの農場を訪問。前多さんと近隣の藤本さんに来て頂き、農場見学と帯広農業についての懇談を行なった。秋まき小麦の畑を見学する北海道地理学会の巡検参加者。
 
 
Photo_14
 
 続いてビート畑を見学。
 
 
Photo_15
 
 御厚意により、参加者自らビートを抜いてみる。みんな喜んで大きなビートを畑から引き抜いた。
 
 
Photo_16
 
 みんなが引き抜いたビートを、すぐに包丁でスライスして食べてみる。実に甘くて美味しい。帯広に来たばかりの頃、農道に落ちていたビートに感動して持ち帰り、同じように食べてみた時はとても渋かった。しかし今日のビートはとても甘くて、みんな感動していた。
 写真は農場見学を引き受けて下さった前多さん(左)。
 
 
Photo_17
 
 もう一人、農場見学を引き受けて下さった藤本さん(右から5人目)。当初は藤本さんの農場で、ナガイモの収穫作業を見学する予定だったが、天候の関係で農作業日程が変更になり、急遽、前多さんを御紹介いただいた。それでも駆けつけて下さり、参加者からの質問に丁寧に答えて頂き、最後の挨拶も藤本さんが締めて下さった。
 お二人に農場見学をお願いして大正解だった。感謝です。
 
 巡検はこの後、大正集落、帯広空港、種苗管理センター、幸福駅の近くを通りながら中札内村へ移動し、道の駅なかさつないで私の案内は終了。皆さんは帯広広尾道経由で札幌へ帰られた。皆さん、たいへんお疲れ様でした。
 
 

|

« 道東3管内博物館協議会研修にて | トップページ | 北見・美幌・女満別へ »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/58465581

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道地理学会の巡検を案内する:

« 道東3管内博物館協議会研修にて | トップページ | 北見・美幌・女満別へ »