« 朝の市電、夜の市電 | トップページ | 釧路市立博物館と網走の北方民族博物館へ »

2013年8月30日 (金)

まるで牧草見本園な南富良野町の空き地

Photo

 
 先日の雑草調査で通りかかった南富良野町の空き地。おそらくセイヨウミヤコグサLotus corniculatus L.  var. corniculatusと思われる黄色い花がたくさん咲いていて、思わず立ち寄ってしまった。
 
 バーズフットトレフォイルの名で牧草として用いられた事のあるこの植物は、混播草地での永続性が低く、やがて消えてしまうと草地学で習った気がする。実際、野外でもムラサキツメクサのように各地で見る、という事はあまり無い気がする。それだけに、明らかな外来種にも関わらず「珍しいなあ懐かしいなあ」という気がした。
 
 別段、牧草地ではないのだが、さまざまなイネ科・マメ科の牧草が入り乱れていて、さながら牧草見本園のような空き地だった。
 
 

|

« 朝の市電、夜の市電 | トップページ | 釧路市立博物館と網走の北方民族博物館へ »

自然史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/58091421

この記事へのトラックバック一覧です: まるで牧草見本園な南富良野町の空き地:

« 朝の市電、夜の市電 | トップページ | 釧路市立博物館と網走の北方民族博物館へ »