« 士別へ日帰り | トップページ | 東大雪を通って上川往復 »

2013年6月17日 (月)

ウマノアシガタと怪鳥の声と小さな駅の幕別

Photo_7

 
 道ばたにアヤメが咲いている。
 
 十勝の歴史ここに始まると息巻く豊頃町に、十勝ワイン50年でいよいよ盛り上がる池田町。それに比べていまひとつ地味な町、幕別。だがこの町も、意外に面白い。
 アヤメ咲くそんな幕別を散策する。
 
 
Photo_8
 
 幕別台地の一角にある肉牛放牧地。こうした草地の際には側溝があり、その付近は結構湿っていて、意外にも野生の湿生植物がよく生えている。
 
 
2  
 
 オーチャードグラスとミヤコザサに挟まれた感じで「アヤメ帯」が形成されていた。
 
 
Photo_24  
 
 防風林ではスズランが満開。在来種のスズランは花茎が葉より低い事が多く、パッと見た感じでは満開さがわかりづらいが、結構咲いている。
 
 
Photo_25
 
 スズランは道路にもはみ出していて、トラクターなどに無造作に踏み付けられていた。一見、無残だが、これ良い光景だなあと思う。もともとスズランは十勝にたくさん生えていて、根系で増えるし有毒なので家畜中毒の原因にもなるし、農家には農牧地雑草でもあった。道ばたの防風林に普通に生えていて、トラクターに普通に踏み付けられているスズラン。これこそ、特別な存在ではなく、人々の暮らしに溶け込んでいる野草の、自然な姿とも言えるのではないか?
 
 
Photo_23
 
 浦幌・豊頃方面へ行く時などにときどき立ち寄る国道沿いのドライブイン八重洲。昼食をとっていたら目に飛び込んできたのが・・・
 
 
Photo_10
 
 ウマノアシガタ。ハイキンポウゲか?あるいは栽培種かとも思ったが、食事を終えて確認するとウマノアシガタだ。驚いてお店の方に聞くと、昔から生えている雑草とのこと。さらに驚いたのは、なんでも親戚に植物好きがいるらしく、「この黄色い花は最近少なくなっているから刈らないように」と言われ、草刈りでも残すようにしているのだと言う。やはり好きな人の見ているものは同じなんだな。
 
 忠実にその言葉を守っているところ恐縮だが、身分を明かした上で標本用に採集させて欲しいと言うと、好きなだけ持って行ってくれと言う。ありがたいお言葉だが、そうは言っても数も限られているし、1本だけ地際から切らせてもらった。
 
 そうそう、ドライブイン八重洲。料理もとても美味しいですので、ぜひお立ち寄り下さい。豚肉スタミナ定食が定評ありますが、私はここのハンバーグカレーが好きです。
 
 
Photo_11
 
 幕別町図書館へ立ち寄る。ここは火曜休館だから今日は開いているかと思ったのだが、あいにく今週は蔵書点検週間で閉まっていた。
 
 
Photo_12
 
 自動車だけ置かせてもらい、向かいの新田の森へ行く。森の外にお地蔵様が祀ってある。なんでも、かつて新田ベニヤの社員が川を渡ろうとして船が転覆し、亡くなった事があった。その後も何名か渡船時に事故で亡くなったことがあり、新田の社員や有志で地蔵を作ったのだと言う。以前はお寺にあったそうだが、ここへ移されたとのこと。
 
 
Photo_13
 
 新田の森ではコケイランが満開。
 
 
Photo_14
 
 それ以上に満開なのがこれ。これ・・・なんだっけ?と考えているうちに、頭上でグアーッ、ギャーッと物凄い声がする。
 
 
Photo_15
 
 ゴアーッ、グギャーッというものすごい声。ここはジュラシックパークか?と思わせるような(プテラノドンの声はきっとこんななんだろうなという声)怪鳥としか思えぬ声の主はアオサギ。この森はアオサギのコロニーらしい。頭上にいくつも巣がかかり、アオサギが出たり入ったりしている。巣から顔を出している幼鳥も見える。それにしてもすごい声だ。
 
 
Photo_16
 
 せっかくなので幕別駅へ立ち寄る。残念ながら硬券入場券は置いておらず券売機なのだが、1枚買ってホームへ出る。
 
 
Photo_17
 
 特急が停車しないせいか、ステップに合わせた低い旧式のホームが残る。ホーム長が長いのは、昔の名残と、待避する貨物列車の為だろう。
 
 
Photo_18
 
 帯広方面から幕別駅へ進入する下り普通列車2429D。実はこの列車こそ、今朝9時37分に滝川を発ち、今夕17時39分に釧路へ着くはずの、日本で一番長距離を走る定期普通列車である。
 
 
Photo_19
 
 やがて池田方から上り特急スーパーおおぞら10号(列車番号4010D)が通過する。本線3番線が直線スルー構造なので、左側通行の原則から外れて、こうした待避形態なのだろう。むしろ下り2429Dが2番線を使わない理由が不明だが、いつもは貨物列車の待避があるのかもしれない。
 
 
Photo_20
 
 ホームから新田の森を見る。先程のアオサギ達の声が、プテラノドンよろしくギャーギャーとここまで聞こえる。駅に面してパークゴルフ場がある。
 
 
Photo_21
 
 そう、幕別町はパークゴルフ発祥の地として知られている。駅前には、パークゴルフを楽しむ家族らしき像が建っている。
 
 
Photo_22
 
 帯広と一体化した市街地の札内地区。行政の中心地ながら昔の街並みを残す幕別地区。合併した旧忠類村地区。南北に細長い幕別町は、自然も歴史も多様で面白い。
 
 駅前のアパートに「空き室あり」と張り紙が出ていた。家賃が安いようだったら、引っ越して汽車通勤しようか?と考えてしまう。
 
 
 
 
 
 

|

« 士別へ日帰り | トップページ | 東大雪を通って上川往復 »

十勝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/57612018

この記事へのトラックバック一覧です: ウマノアシガタと怪鳥の声と小さな駅の幕別:

« 士別へ日帰り | トップページ | 東大雪を通って上川往復 »