« 国立公文書館で鉄道省文書しらべ | トップページ | 官製ワーキングプア研究会 »

2013年5月24日 (金)

エゾキケマンやタチヤナギの花が咲く

Photo

 
 日が長いので、仕事が終わってから植物採集にでかける。緑ヶ丘公園では、エゾキケマンが咲いている。市内ではムラサキケマンも満開を迎えており、エゾエンゴサクと共に色とりどりのケマンソウが各所で見られる。
 
 
Photo_2
 
 タチヤナギが黄色い雄花を満開にしている。このヤナギは展葉後に花を開くし、雄しべが3本ずつ付いているのでわかりやすい。ウツベツ川沿いにたくさん生えている。
 
 
Photo_3
 
 同じくウツベツ川沿いには、一足はやく花の時期を終えたエゾノバッコヤナギの雌花で、果実が膨らんできていた。白い柳絮も伸びつつあり、なにより花の頃には短かった花序が、ずいぶんたくましい姿に大きくなった。
 
 
Photo_4
 
 動物園の正門前では、植栽のハウチワカエデが咲いていて、マルハナバチが盛んに訪れていた。近くではネグンドカエデの独特の花もたくさん下がっている。樹上高いところでは、ヤチダモがゴツゴツした感じの枝先に地味な花をたくさん付けていた。
 
 
 樹木の花を観察するのが楽しいシーズン。
 
 

|

« 国立公文書館で鉄道省文書しらべ | トップページ | 官製ワーキングプア研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/57452141

この記事へのトラックバック一覧です: エゾキケマンやタチヤナギの花が咲く:

« 国立公文書館で鉄道省文書しらべ | トップページ | 官製ワーキングプア研究会 »