« 「番線印」で街の書店を記録に残す | トップページ | 小学生と切符を整理 »

2013年4月 3日 (水)

今期の執筆しごといろいろ

Photo

 
 月が変わってしまったが、今期の書きもの4つめは『浦幌町立博物館紀要』。浦幌町立博物館に所蔵の植物標本の目録と、採集者吉田康登氏に関する調査報告。
 
 
Photo_2
 
 5つ目は当館の紀要『帯広百年記念館紀要』。おびひろ動物園で自生が確認されたエゾヒメアマナの報告と、十勝圏における分布を全国の標本庫の調査から検討した報告。現地調査や形態調査に関する報告は学会誌に執筆中で、これはもうすこし先の話になりそう。
 
 
Manmale_study_2
 
 6つ目は哺乳類学会の雑誌『Mammal Study』。これは小樽時代の最後の仕事で、同館のなんと機関庫で確認されたオオアブラコウモリに関する報告。私は採集と調査のお手伝いをしただけで、論文の実際の執筆者は、研究主体である筆頭著者の福井さんによる。
 
 オオアブラコウモリは、当初、小樽市総合博物館で採集された生体がきっかけ。見よう見まねで同定してみたところ、どうもアブラコウモリへいってしまう。でもこれって確か道南では確認例があったが、基本的には本州のコウモリだよなと思い、羊ヶ丘の森林総合研究所へ相談へ持ち込んだところ、福井さんと出会った。以来、小樽の山本学芸員と共にじっくりと調査が行われ、この度、英文の良い論考を出して頂いた。私はほんと何もしてないに等しいのですが、感謝です。
 
 
 
 

|

« 「番線印」で街の書店を記録に残す | トップページ | 小学生と切符を整理 »

博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/57101811

この記事へのトラックバック一覧です: 今期の執筆しごといろいろ:

« 「番線印」で街の書店を記録に残す | トップページ | 小学生と切符を整理 »