« かつての伝道所は元浦幌炭坑の協和会館 | トップページ | 豊頃町へ移動展の設営に行く »

2013年1月 7日 (月)

飛行機から富士山

Photo_2

 
 珍しく年末に横浜の父方へ帰った。大晦日に帰り、今日、帯広へ戻ってきた。本当は汽車で帰りたかったが、都合により飛行機。帯広空港と羽田空港の往復という、何の変哲も無いつまらない行程だ、と思っていたが、たまに飛行機に乗るとなかなか楽しい事もある。今回は久しぶりに日中の窓側に座ったので、空からの景色を堪能できた。上は岩手県のリアス式海岸付近を飛行中。
 
 
Photo_4
 
 羽田空港を飛び立って少しすると、富士山が見えた。富士山、今回は横浜の家からも毎日きれいに見る事ができた。こうして見ると本当に美しい山だ。
 
 
Photo_6
 
 飛行機からだと、雪のある所から無い所にかけての変化も一望できる。そして、雪の山々を見ていると、地形というもの、その影響を受けた気象というものがよくわかって面白い。
 
 
Photo_8
 
 やがて雲海の向こうから日高山脈が見えてくると十勝はもうすぐだ。帰ってきたなあと思う。鉄道や自動車だと坂やトンネルで越えてくる山々を、こうして上から見られるのも面白い。日中の窓側に乗れるなら、飛行機も楽しいものだ。
 
 

|

« かつての伝道所は元浦幌炭坑の協和会館 | トップページ | 豊頃町へ移動展の設営に行く »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/56491587

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機から富士山:

« かつての伝道所は元浦幌炭坑の協和会館 | トップページ | 豊頃町へ移動展の設営に行く »