« 雪の新得へ下見に行く | トップページ | 新得町で移動展「博物館はなぜ標本を集めるのか?」 »

2012年12月 1日 (土)

緑ヶ丘公園で地衣類を見る

Photo_4

 緑ヶ丘公園に見られる地衣類のなかま。これはアンチゴケ〔訂正→キウメノキゴケ〕と思われる。薄緑色が美しい。
 
Photo_6
 これはロウソクゴケ。ヨーロッパでロウソクの着色用染料として用いられた事から、この名が付いたそうだ。
 いずれも今年の春、美幌博物館で開催された地衣類講座に参加して、国立科学博物館のO研究員から教わった。
 
 

|

« 雪の新得へ下見に行く | トップページ | 新得町で移動展「博物館はなぜ標本を集めるのか?」 »

自然史」カテゴリの記事

コメント

おお!ごぶさたです。キウメノキゴケですか?ご教示ありがとうございます。センシゴケを探したのですが、公園内ではみつかりませんでした。地衣類研究会、本気で入ろうと思ってます。

投稿: 持田 誠 | 2012年12月 2日 (日) 07時48分

こんばんは、O研究員です。
アンチゴケではなく、キウメノキゴケのように見えます。

投稿: O研究員 | 2012年12月 2日 (日) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/56232433

この記事へのトラックバック一覧です: 緑ヶ丘公園で地衣類を見る:

« 雪の新得へ下見に行く | トップページ | 新得町で移動展「博物館はなぜ標本を集めるのか?」 »