« 丁寧に標本を作るということ | トップページ | 復元しにくいバス路線図 »

2012年7月12日 (木)

4つの餌には何のアリが来る?来ない?

1_2

 昨日の森の里小学校の授業。3年生は毎月、アリの生態をテーマに観察授業をしている。今回は池田学芸員の発案と仕込みによる「アリの餌」がテーマ。4種類の異なる餌を置き、アリがどの餌に最も集まってくるか?また、餌の種類によって来るアリは異なるのか?どうやって運んでいくか?などを観察する。


31_2

 池田さん製作の観察セット。餌には「小麦粉、粉チーズ、砂糖、塩、挽き肉、アブラムシ、はちみつ、ハエの死体、パン、タンポポの種、クサノオウの種(エライオソーム付き)、クワガタゼリーが用意された。これを3つの班に分け、4つずつ載せて10分間観察。観察結果は後日、教室へ帰ってからまとめる。

 暑い中、熱心にアリを見つめていた子供たち。さあ、集計するとどんな結果が出るのでしょうか?

 

|

« 丁寧に標本を作るということ | トップページ | 復元しにくいバス路線図 »

自然史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/55176853

この記事へのトラックバック一覧です: 4つの餌には何のアリが来る?来ない?:

« 丁寧に標本を作るということ | トップページ | 復元しにくいバス路線図 »