« 道北はオオカメノキが満開 | トップページ | 足寄町のエゾヒメアマナ »

2012年5月20日 (日)

士別のエンレイソウは緑色

Photo_3

 士別市立博物館の周辺に広がるグリーンスポーツの森には、たくさんのオオバナノエンレイソウやエンレイソウが咲いている。ところが、ここのエンレイソウには典型的な赤いエンレイソウよりも、緑色のエンレイソウが圧倒的に多い。目につく個体のほとんど全部の萼が緑色をしているのである。

 まあ、エンレイソウの萼片が緑味を帯びるのはよくあることで、札幌の周辺でもよく見られた。しかし、これだけの群落で大多数が緑色とは、かなり興味を引かれる。ただ、形態的にはほとんどが普通のエンレイソウで、分類学的にはあまり問題無さそうだ。

 今回、明らかにオオバナノエンレイソウとの雑種と思われる、雄しべが雌しべよりも短く、子房の角張ったタイプが見られた。検索表にもとづきヒダカエンレイソウだと同定したが、帰宅後に調べてみると、ヒダカはミヤマエンレイソウとエンレイソウの雑種名であった。オオバナノエンレイソウとエンレイソウの雑種は、トカチエンレイソウやコジマエンレイソウらしいが、雄しべの長さと子房の形状などが一致しない。また、無花弁だったのでこの点も気になる。

 エンレイソウはよく研究されrている割に、変異が大きいのでなかなか難しい。面白い植物だと思う。

|

« 道北はオオカメノキが満開 | トップページ | 足寄町のエゾヒメアマナ »

自然史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/54761609

この記事へのトラックバック一覧です: 士別のエンレイソウは緑色:

« 道北はオオカメノキが満開 | トップページ | 足寄町のエゾヒメアマナ »