« 昔の幸福駅と広尾線車内の写真 | トップページ | 広尾線関係資料を登録 »

2012年1月30日 (月)

幸福駅の本当の誕生日を知る

492011_11_2

 第49回おびひろ氷まつりは、3日間の日程を終えて昨日で終了。たくさんの観光客が緑ヶ丘公園を訪れ、「南極の氷」を展示している帯広百年記念館も混雑した。


Photo

 昼間にはさまざまなイベントが開催され楽しいが、今年は「夜の氷まつり」が開催され、アイスバーの開店が話題だった。20時30分〜22時という時間帯で営業。氷のカウンターと机で飲み物を飲む。


492011_50

 空には細い月。地上には、ゆらゆらと揺れる氷の中の蠟燭。両者の組み合わせが、凍てつく夜の空気に映えて美しい。


Photo_2

 さて、大雪像は幸福駅舎である。「しあわせ駅舎」と読むが、モデルは旧国鉄広尾線幸福駅である事は明かである。

 その幸福駅。駅としての開設は1956(昭和31)年11月1日である。広尾線は1929(昭和4)年、部分開通を経て11月2日に帯広〜中札内間で開業。その後27年後の駅開設であるが、実際には広尾線開業で幸震〜中札内間に人口が増えて集落ができはじめ、この間に仮乗降場が設置された。幸福仮乗降場の設置であり、これが真の幸福駅誕生日である。


Photo_7

 そこで百年記念館のロビーで、急遽、幸福駅の写真展を開催。あわせて、幸福駅に関する簡単な解説キャプションと、荘田喜與志氏撮影の昔の駅の写真を設置した。新潮社の『日本鉄道旅行地図北海道』によると幸福仮乗降場の設置は1956(昭和31)年と書かれている。いくつかのサイトやウィキペディアには「8月26日?」の文字もある。この本は大変詳しく、精度も高い資料だから日頃愛用しており、今回も特に何も考えず、この記述に従ってキャプションを作った。仮乗降場として設置してから2ヶ月ちょっとで駅に昇格という点に疑問も残ったが、まあ作ってしまった。ところが・・・


Photo_3

 帯広百年記念館所蔵の道内の鉄道路線図。1952(昭和27)年に札幌の業者がカレンダーの付録として印刷したらしいものである。


Photo_6

 この地図に広尾線が掲載されている。なので展示しようと思ったのだが、よく見ると「幸福(臨)」とはっきり書き込まれているではないか!1956(昭和31)年に開設されたはずの幸福仮乗降場が、なぜ1952(昭和27)年発行の、しかも民間の商店が出している地図に掲載されているのか?

 そこで、百年記念館や帯広市図書館が所蔵するさまざまな資料を調査してみた。鉄道関連文献には、幸福が駅として設置された1956(昭和31)年のみが書かれ、仮乗降場として発足した事には触れられていなかった。仮乗降場は鉄道管理局が設置するもので、時刻表にも掲載されないケースがある。鉄道関係図書に正確な記載が無いのならば、乗降場の存在した地域の記録にあたるしか無い。


Photo_8

 そこで市史や部落史を渉猟していると、見つけた。まず『幸福開拓百年史』に詳しい記述が見られる。これによると、幸震(後の大正。1944年に改称)〜中札内間は約11kmもあり、中間に停車場を設ける悲願を達成するための運動が、広尾線開業以来ながく続けられていたらしい。

 1950(昭和25)年、国鉄の組織改正で釧路鉄道管理局が発足。この前年、幸福周辺に原々種農場ができて居住者が増えてきた為、「幸福乗降場設置期成会」が結成されて熱心な陳情が行われた結果、1950(昭和25)年1月20日付で釧路鉄道管理局より認可され、「住民挙げて欣喜雀躍した」との事である。この本には、乗降施設の建設や乗車券販売の責任者の氏名まで掲載されている他、1954(昭和29)年に「幸福乗降場昇格期成会」が発足して、1956(昭和31)年の駅昇格への原動力となった事も記されていた。

 また、北愛国町内会の有志が編纂した『北愛国駅三十年史』にも、「大正駅の南にある幸福駅には昭和二十五年一月二十日付で幸福二十八号五十米北方に、釧路管理局より幸福乗降場として設置が認められて住民たちに乗降りを使用されていた」との記述があった。 

 これらの事から、現在、「幸福仮乗降場」の設置年月日として、書籍やサイトで流布されている「昭和31年8月26日」は、誤りである可能性がきわめて高いと言える。あとは、これらの文献の元となる文書などの一次資料を探さなければならないが、まずは釧路鉄道管理局や帯広市大正支所を調べる必要があるだろう。

 もうひとつ、流布されている「昭和31年8月26日」とは何の年月日なのかも気になるところである。謎は深まり、興味は尽きない。

※なお、『大正村史』には幸福駅の設置年月日が1956(昭和31)年12月25日と記されていた。これは誤りだが、同日に士幌線で新駅の開業があり、それと混同したのかもしれない。
 
 
  
 


|

« 昔の幸福駅と広尾線車内の写真 | トップページ | 広尾線関係資料を登録 »

十勝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/53860754

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福駅の本当の誕生日を知る:

« 昔の幸福駅と広尾線車内の写真 | トップページ | 広尾線関係資料を登録 »