« 鉄道記念日に鉄道資料館へ行く | トップページ | 緑ヶ丘公園の紅葉 »

2011年10月19日 (水)

燻蒸はじまる

Photo_8

 一見、なんの変哲もないトラックが、搬入口にやって来た。


Photo_2

 しかし、このトラック。実は燻蒸車輌なのである。これはトラックの後部に設置された燻蒸装置。「燻蒸」とは、博物館の資料や標本が害虫やカビなどによって劣化しないよう、薬剤によって殺虫・殺菌処理を施すことである。帯広百年記念館では、毎年秋に新着資料や長期貸し出しを行った絵画などについて、燻蒸処理を実施。燻蒸した資料以外は収蔵庫へ入れないという措置をとっている。


Photo_5

 燻蒸は二晩かけて行われる。その間、燻蒸会社の職員が立ち会い、付きっきりでメンテナンスや測定を行っている。大変な仕事だ。


Photo_6

 こちらは測定器具などの様子。


Photo_7

 燻蒸は作業中は搬入口付近は立入禁止。ふだんは緑ヶ丘公園内と行き来できる通路も、しばらく閉鎖である。きちんとした燻蒸作業は、前職の博物館では予算の関係で行えていなかった。しかし、大事な資料を預かっている博物館だからこそ、燻蒸は重要な資料保存の一過程である。せっかくの機会だし、いろいろ勉強しておきたいと思う。

  
  


|

« 鉄道記念日に鉄道資料館へ行く | トップページ | 緑ヶ丘公園の紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/53028502

この記事へのトラックバック一覧です: 燻蒸はじまる:

« 鉄道記念日に鉄道資料館へ行く | トップページ | 緑ヶ丘公園の紅葉 »