« 夕張支線で切符いろいろ | トップページ | 夕張にて »

2011年9月25日 (日)

おみこしがやって来た

5_2

 帯広神社例大祭は最終日。今日は御輿渡御があり、帯広百年記念館の前で小休止が行われた。


2

 百年記念館前の八千代通り。沿道には例大祭の幟が立つ。


9

 ここで小休止。御神輿や様々な担ぎ物を一旦下ろしての一休み。


8

 馬も一休み。さっそく百年記念館前の芝生で草を食んでいた。


4

 先頭を行く萬燈(笛や太鼓の列)に続き、天狗様の「猿田彦」が御神輿を先導する。猿田彦大神(サルタヒコノカミ)は、そのむかし二二ギノミコトが葦原中津国を治めるために天界から地上へ降りる際、その案内役として神様ご一行をお迎えしたと言われる。その故事に由来してか、北海道神宮祭はじめ各地のお祭りで、御神輿の先導役を果たしている。本来は高下駄を履くのだと思うが、なぜか靴?


7

 馬も休憩を終えて出発。その前を行く女性は犬も連れて歩く。


6

 帯広美術館の下(野草園前)の緑ヶ丘交差点を右折する。右折の関係か、幟を立てた行列が道路の中央を行く姿は、まるで一種のデモ行進のようにも見えてしまう。このあと、緑ヶ丘大通を通って春駒通りへと御神輿の列は続いていた。

  

|

« 夕張支線で切符いろいろ | トップページ | 夕張にて »

十勝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/52834628

この記事へのトラックバック一覧です: おみこしがやって来た:

« 夕張支線で切符いろいろ | トップページ | 夕張にて »