« 写真展準備と文書資料調査 | トップページ | ヤマブキショウマが満開 »

2011年7月 3日 (日)

カエル講座でオトギリソウ

Photo_2

 昨日7月2日はカエル講座。毎月、みんなで緑ヶ丘公園内に生息するカエルを調べる講座だ。調査中、通称「ひなた川」と呼ばれている児童公園側の小川の縁にオトギリソウの黄色い花が咲いていた。

 オトギリソウは漢字で「弟切草」。この花の秘密を漏らした弟を兄が斬り殺したという伝説があるそうで、なんとも物騒な和名であるが、どこかそこはかとない悲しさを感じさせる花ではある。


Photo_3

 さて、今日の講座はカエル探しのローラー作戦。帯広美術館の裏手に広がる林の中を、参加者全員一列に並んで歩き、エゾアカガエルの姿を探す。なんだか、怪しげな演習でも始まろうとしているようにしか見えないが・・・。


Photo_4

 本当に見つかるかなあと思いきや、でかい個体が見つかった。さっそく計測。


Photo_5

 次ぎに体重測定。おとなしく体重計に座るカエルが、なんとも可愛らしい。

 野草園から東側の池まで、カエルが移動しているのではないか?との仮説を検証するための調査なのだが、中間地点にカエルが存在することはわかった。後は移動中の個体を把握する必要がある。雨の日に「彫刻の小径」で張り込みという提案をしてみたが、良い具合に雲行きが怪しくなってきた。近日実際にやってみようか・・・

|

« 写真展準備と文書資料調査 | トップページ | ヤマブキショウマが満開 »

自然史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/52111952

この記事へのトラックバック一覧です: カエル講座でオトギリソウ:

« 写真展準備と文書資料調査 | トップページ | ヤマブキショウマが満開 »