« 久しぶりの印画紙現像 傍らでは箏の音が響く | トップページ | 十勝鉄道4号機関車を見に行く »

2011年6月26日 (日)

カトリック帯広教会と広小路商店街

2011626_35

 今日は午前中がお休み。久しぶりに帯広教会のミサへ出かける。


2011626_38

 東4条南14丁目に経つカトリック帯広教会。藤幼稚園を併設している。1930(昭和5)年5月、この地に「帯広天主公教会」の名で聖堂が建てられたのが始まりとされる。現在の聖堂は1965(昭和40)年8月に完成した2代目で、木造2階建てだ。現在の主任司祭は、イタリア人のナルチゾ・カバッツォラ神父で、この春からは協力司祭として松井繁美神父が就かれている。


2011626_05

 ミサへ行く途上、7月から改修工事が始まるという広小路商店街の写真を撮影。これは藤丸前(駅前どおり)から見た入口の様子。


2011626_12

 中央から空が見える構造。オレンジ色とクリーム色を基調とした模様の入った梁がまっすぐ続く。


2011626_13

 梁に書かれた「Town8 Hirokoji」の文字。現在のアーケードは1980(昭和55)年の完成だそうで、今月25日で築35年を迎えたそうだ(十勝毎日新聞による)。


2011626_25_2

 反対の大通側から見たところ。


 改修は7〜11月で実施され、来年の初売りに合わせてオープニングセレモニーを開催する予定とのこと。3日からはオビヒロホコテンも始まるので、どのように工事されるのかわからないが、リニューアルをきっかけに多くの人々が再びアーケードに集うようになると良いなあと思う。

 カトリック帯広教会のサイト http://www2.ocn.ne.jp/~caterina/

 オビヒロホコテンのサイト http://www.hokoten.net/

|

« 久しぶりの印画紙現像 傍らでは箏の音が響く | トップページ | 十勝鉄道4号機関車を見に行く »

十勝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/52049931

この記事へのトラックバック一覧です: カトリック帯広教会と広小路商店街:

« 久しぶりの印画紙現像 傍らでは箏の音が響く | トップページ | 十勝鉄道4号機関車を見に行く »