« 下駄スケートなど | トップページ | 早春か晩冬か »

2011年2月28日 (月)

藤丸百貨店で写真展「昭和初期からの商店街をみる」

 今日は休みの日。確定申告のために初めて帯広税務署へ行った。市役所に近接していて便利だ。低所得者だが今年は僅かに納税。その額900円也。900円の所得税納税で偉そうなことは言えないだろうが、申告後に窓口で納付し、領収証書を受け取る。領収証書の日付印が、どうも印ではなく印字に見える。考えてみれば郵便局でも窓口で日附印を印字する場合が増えてきており、本来の「印」が押される機会が減っていくのが少し寂しい。

 天気が良いので、ブラブラと街の写真を撮りながら歩く。その写真は後日掲載するとして、今日は藤丸百貨店7階で開催中の「昭和初期からの商店街をみる:懐かしの写真展2011」を観に行く。「帯広市商店街振興組合連合会」の主催。

2011228_126_2

 写真の他、昭和29〜31年頃の商店街地図が展示されていた。これらは1枚10〜50円でコピーも可能ということで、興味のある方には嬉しいだろう。

2011228_127


2011228_125

 来場者の方には「懐かしい!」と声を上げる方も多数存在。なかには、会場係の方に「私はこの辺の生まれだからよく知ってる。本当に懐かしいわ」などと語りかけている方も居られた。

 展示されている写真は、商店街で店を経営しておられた方や、荘田喜與志氏撮影のものが大半。帯広百年記念館所蔵の写真もあるが、所蔵していない写真についても、将来的にはぜひ資料として公的に保存できると良いなあと思う。
 開催は明日まで(明日は16時30分まで)。この機会にぜひどうぞ。

<おまけ>
2011228_121

 藤丸横の郵便ポスト。ありそうで無いのが、こうしたポスト本体の足が無くって、歩道の施設から直接生えているタイプ。珍しいので思わず写真を撮ってしまった。

|

« 下駄スケートなど | トップページ | 早春か晩冬か »

十勝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572033/50996731

この記事へのトラックバック一覧です: 藤丸百貨店で写真展「昭和初期からの商店街をみる」:

« 下駄スケートなど | トップページ | 早春か晩冬か »